芸能

“新元号”あやかり女優8人「フェロモン復活大作戦」をスッパ抜く(1)朝ドラ主演の広瀬すずは…

 ついに新元号の名称が発表され、芸能界では「改元」にあやかろうと人気女優たちが奔走している。記録よりも記憶に残る、新元号フェロモン演技をイチ早く紹介しよう。

 くしくも新元号の発表日に第1話目がスタートしたNHK朝ドラ「なつぞら」。記念すべき100作目のヒロイン・奥原なつ役には若手女優筆頭格の広瀬すず(20)が抜擢された。

 劇中では、戦争で両親を亡くしたなつが北海道に暮らす父の友人家族のもとで暮らし、高校卒業後に上京して草創期のアニメ業界で働く姿が描かれていく。昨年6月にクランクインし、北海道十勝地方でのロケが始まっていた。

「初顔合わせでは、広瀬さんの『育ての親役』の松嶋菜々子さん(45)から、『台本をちゃんと読んできてね』と忠告されてピーンと空気が張り詰めました。それでも撮影が始まったら合間に2人で笑顔で話しているのをよく見かけます」(NHK関係者)

 牧場で動物の世話をする広瀬は、ここで意外な「特技」を披露していた。

「100作目という重責もあって緊張する場面もあるようで、本番前にはプライベートで通っているキックボクシングのシャドーをしながら体をほぐしています。撮影現場では動物と触れ合う場面も多いのですが、広瀬さんはすごくカンがよくて上手なんです。地元の人に指導してもらい、すぐに馬を乗りこなせたばかりか、周囲を驚かせたのは、乳牛の乳搾り。覚えるのにはコツがいるだけに、周囲も緊張気味だった。ところが、そんな心配をよそに、広瀬さんは牛の乳首の根元をギューッと搾って上下にシコシコ。絶妙な力加減の手つきで、これには、朝の番組とは思えないドキリとさせられたシーンでした」(NHK関係者)

 以前からその年齢に似合わない小悪魔的な魅力を放ってきた広瀬。まさかの「艶すぎる手作業」まで解禁となれば高視聴率は間違いなさそうだが‥‥。芸能評論家の三杉武氏はこう指摘する。

「デビュー以降、広瀬は大手広告代理店を中心に次世代を担う女優に育てようとバックアップされてきた。ところが、18年に主演を飾った『anone』(日本テレビ系)が平均視聴率6.1%と大惨敗。バラエティー番組の『スタッフ軽視発言』で炎上したこともあって、いまいち同性のウケがよくないんです。朝ドラ視聴者は主婦層が中心なので、支持を集められるかが鍵になるでしょう」

 もう一つ懸念されているのは「肉食系素顔」だ。17年の正月には、日刊スポーツが俳優の成田凌(25)との初ロマンスを報じ、広瀬がブログで完全否定するなど、火消しに追われたこともあった。

「16年公開の映画『4月は君の嘘』(東宝)で広瀬は主演を務め、宣伝用の囲み取材がありました。広瀬は淡々とした口調で記者の質問に答えていたのですが、マスコミの後ろを出演者の山崎賢人(24)が通った瞬間、急に目がキラキラして、手を振りながらワントーン高い声で山崎を呼んだんです。取材後、記者の間では、『絶対、恋している』と噂になりました。朝ドラ中にスキャンダルはご法度なので、事前の身体検査でも『男はいない』と報告しているそうですが、共演者と恋仲に落ちないか、スタッフはヒヤヒヤしているそうです」(芸能記者)

 だが、早くも男問題が噴出してしまう。

「朝ドラの共演者ではないですが、2月末に俳優の野村周平(25)のツイッターに広瀬とのツーショット写真がアップされたんです。そのコメントには〈付き合ってないですし〉と書かれていますが、NHK局内では『放送前にどういうつもりだ』とピリピリし、確認作業に追われるスタッフもいました」(NHK関係者)

 意外と奔放なプライベートで新元号初のスキャンダル女優とならなければいいのだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
4
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
5
ファン困惑!竹内結子“夜の営み”を妄想させた5カ月ぶりのインスタ投稿