芸能

「セーラー服ソング歌謡祭」(2)80年代編 学園モノと無縁の松田聖子がB面で制服姿を披露!

 青春のきらめく季節だけ着ることを、そして歌うことを許されるのが「セーラー服ソング」だ。80年代以降、世の男子たちを胸キュンさせた名作の数々を一気にパワープレイ!

     *

 ソロアイドル全盛の80年代には、純情可憐な制服ソングが多数、誕生している。

 80年代アイドルの出発点と言えば松田聖子である。聖子のデビューは高校卒業直後の4月だったため、本来なら学園モノと無縁。ところが、B面ながら「制服」(82年)という名曲がある。

 のちにカントリー娘。やガガガSPにカバーされているが、実はこれ、あの名作「赤いスイートピー」のカップリング。いかに当時の聖子がクオリティの高い楽曲を連発していたかをB面だけでも物語る。ちなみに、レコード封入のポスターでセーラー服姿になったのは、高卒デビューの聖子にとって感無量であったようだ。

 そんな聖子より5歳も下だった伊藤つかさは、デビュー曲「少女人形」(81年)によって“セーラー服のアイコン”とも呼べる存在になる。あのタモリが伊藤に会いたいがために「笑っていいとも!」(フジテレビ系)を始めたという逸話も残るほどだ。

「ジャケ写だけでなく、歌番組でもセーラー服を衣装にした珍しいケースの先駆けだったと思います」(アイドル研究家・高倉文紀氏)

 伊藤が世に出たのは、学園ドラマの金字塔である「3年B組金八先生」(TBS系)の生徒役から。リアル中学生の破壊力は、“少女っぽいアイドル”とも言えるような新たな層を開拓した。

 ユーミンと並ぶニューミュージックの女王が中島みゆきだ。女王が柏原芳恵に提供した「春なのに」(83年)は、卒業ソングの定番として知られる。

 中島らしい哀感が全編に漂い、先に卒業してゆく先輩に思いを打ち明けようとするも、そっけなく「キミの話は何だったの?」と言われたことでブロークンハートに…。

 聖子や河合奈保子と同期の80年組である芳恵が、本作の30万枚を超すヒットでようやく肩を並べる形となった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆が「亀の頭チラッと見せ」ショットを公開!意味深すぎて男子騒然
2
梅宮辰夫の電話番号を消す和田アキ子に「意味がわからない」大ブーイング!
3
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
4
新垣結衣「イメージ崩壊」私生活(2)最長30時間もトイレに行かず寝続けた
5
あのコンビが原因?とろサーモン久保田が上沼恵美子にキレた本当の理由