女子アナ

あの子でお願いします! 「モヤさまファンが熱望する」4代目アシスタントとは

 やはり“艶っぽくてモヤモヤしてしまう”シーンが見たい!?

 テレビ東京の福田典子アナがアシスタントを務める同局のバラエティ番組「モヤモヤさまぁ~ず2」を5月いっぱいで卒業することが、去る4月14日放送回で発表された。これまで同番組のアシスタントは大江麻理子アナ、狩野恵里アナが歴任。福田アナは3代目アシスタントを16年10月から務めていた。その福田アナは番組卒業について、「平成が終わるとともに2020年に向けて、スポーツを中心にステップアップを頑張ろうと思って、卒業を決断しました」と、あくまで前向きな卒業であることを明かしている。

 卒業発表後には福田アナのインスタグラムに祝福コメントや、番組卒業を惜しむ声が番組ファンからは殺到しているが、同時に「4代目アシスタント」を誰が務めるのか、をすでに気にしている番組ファンが多いようだ。

「『モヤさま』は、街の人々と触れ合いながらブラブラするという街歩き番組ですが、番組の見どころの一つとして、番組MCのさまぁ~ず・三村マサカズが女性アシスタントに仕掛けるハラスメント気味な艶演出が挙げられます。そのため、そうした演出がより魅力的に映る女子アナにアシスタントを務めてほしいと考える番組ファンは少なくないようですよ」(エンタメ誌ライター)

 そこで最も多く、番組ファンから「アシスタントを希望する女子アナ」として名前が挙がるのが、13年入社でバストサイズが推定Fカップと言われている鷲見玲奈アナだ。

「16年入社の福田アナの後任を鷲見アナが務めるということは普通考えられません。しかし、特に艶っぽさをウリにしていない一般的な番組に出演した際に、大した動きもしていないのに過激に見えてしまうほどの、女子アナ界屈指のダイナマイトボディの持ち主である鷲見アナが同番組に出演すればいいのに…という妄想を抱く女子アナファンは多いようです。鷲見アナを起用すれば、もともとの番組ファンが喜ぶのはもちろん、その肉体がどのように躍動するのかは、いよいよ女子アナファン必見でしょうし、新規視聴者も大量獲得できることでしょう」(前出・エンタメ誌ライター)

 また、まず実現しないことだとは思うが、一部ではフリー転身した元TBSの宇垣美里を起用してほしいというワガママな意見も…。いずれにせよ、視聴者が何を期待しているのかを汲んだキャスティングを番組側には期待したい。

(田中康)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
阿部華也子が人気番付2連覇!美女お天気キャスター「ムレムレ艶事件」大公開
2
7年前に“兆候”?「軽度認知症」蛭子能収、バス旅で見せていた気になる場面
3
半沢直樹“最終回、幻のラストシーン”(1)「頭取、そりゃないぜ」と思ったら意外な出向理由が
4
重盛さと美、“東大卒IT社長と破局告白”に「元ヤンが遊ばれただけ?」の声
5
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”