芸能

ベッキーが「なつぞら」のダンサー役を「私のイトコ」と明かして批判の的に!

 今年2月に読売ジャイアンツの片岡治大2軍内野守備走塁コーチと結婚したベッキー。2016年1月に「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との不貞が発覚し、一時期は活動を休業していたが、その後復帰。今回の結婚で、さらにテレビ出演の機会が増えているようだ。

 しかし、世間のベッキーに対する厳しい目は相変わらず。5月4日に自身のツイッターに〈同じイギリスと日本のハーフのいとこが 朝ドラで大活躍してて すごごごごごごごご!〉と書き込んだことにも非難の声があがっている。実は5月2日~4日にかけて連続テレビ小説「なつぞら」(NHK)に浅草のトップダンサー・ローズマリーとして出演していたエリザベス・マリーとベッキーは、父親同士が兄弟のイトコだという。その事実をベッキーがツイッターに書き込んだのだ。

「ベッキーは芸能界における自分の立場をわかっていないと指摘されているんです。イトコのエリザベスはベッキーのツイッター投稿に対し《え、嬉しい。やだ、嬉しいーーーー!! へへへ》と照れながらもリプライ。さらにベッキーはそれに対し《いや、すごすぎだし!ジェシカもびっくりしてた!》とアメリカでダンサーとして活躍している自身の妹のジェシカも驚いていたことを明かし、《それにしても変な家系だね。うまくお芝居方面 ダンス方面 バラエティ方面でバラけたもんだ》と応えているのですが、これに対し《エリザベスはベッキーといとこだって隠してたんじゃないの? ベッキーのいとこだと嫌われるから》《バラエティ方面に自分の居場所があると思ってるベッキーのずうずうしさが耐えられない》《エリザベスさんへの風評被害につながるコメでは?》《ベッキーの名前が出たことで「なつぞら」に泥を塗られた気分》など、厳しい声が続出しているようです」(女性誌記者)

 一部視聴者によるベッキー批判は、いつになったら収まるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴