芸能

ミスキャスト説の福山雅治「集団左遷」、ここからが正念場なワケ!

 福山雅治が、閉店の決まっている銀行支店の支店長を演じるドラマ「集団左遷!!」(TBS系)がピンチだ。5月19日に放送された第5話では、前回から微減の視聴率9.0%という結果に。第1話でマークした13.8%が「貯金」となり、シリーズ平均視聴率は10.2%とぎりぎり二ケタ台を維持しているが、この調子が続くと一ケタ落ちの恐れは高い。

 その「集団左遷!!」では主演・福山の“顔芸”が話題になっており、一部の視聴者を楽しませているものの、銀行員という役柄については「ミスキャスト」との指摘もあり、先行きに予断を許さない状況だ。そんな福山にとって、ここからの展開が正念場になってくるという。テレビ誌のライターがささやく。

「福山は本作が3年ぶりのドラマですが、前回主演を務めた月9ドラマの『ラヴソング』(フジテレビ系)はシリーズ平均視聴率が8.4%と低迷し、当時の月9ワースト記録を更新。俳優としてのキャリアに泥を塗る結果となりました。しかも『ラヴソング』の第6話と7話では月9史上の最低記録(当時)となる視聴率6.8%まで落ちこんでいた有様。それゆえ『集団左遷!!』でも鬼門の第6話が危ぶまれているのです。ただ、ここで視聴率をV字回復できれば“低視聴率男”のレッテルから逃れることもできるかもしれません」

 まさに上がれば天国、下がれば地獄といったところか。そんな瀬戸際にある福山だが、前作の「ラヴソング」に比べると本作には有利な点があるという。テレビ誌ライターが続ける。

「その『ラヴソング』は福山の主演作だったものの、実際には新人シンガーソングライターの藤原さくらをヒロイン役で売り出すための一大プロジェクトだったと言われています。しかし演技未経験の藤原に月9のヒロインはあまりの重責で、これぞ真のミスキャスト。しかも三番手だった演技巧者の菅田将暉を効果的に使いこなすこともできていませんでした。それに対して『集団左遷!!』では副支店長役に香川照之、部下に神木隆之介と演技派を配し、福山をしっかりとサポート。ヒロイン的存在の中村アンも安心して観ていられますし、『ラヴソング』のようなストーリー崩壊の恐れはないはずです」

 もはや「集団左遷!!」は福山の主演ドラマではなく、香川や神木を含めた群像劇として楽しむのが正解なのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜“不貞疑惑”にまたしゃしゃり出て拡大させたダルビッシュの愚
2
「沢尻逮捕」の衝撃再び?30代元アイドルの「薬物使用」報道でネットに実名乱立!
3
最後はメンバー不祥事で自滅…AAA“解散”背景と垣間見える業界の“闇”
4
土屋太鳳、前から横からの全身写真で再証明した“タオパイ”のド迫力!
5
「元祖!大食い王」に大ブーイング!レジェンド小林尊は登場しても大食いせず!