芸能

ミスキャスト説の福山雅治「集団左遷」、ここからが正念場なワケ!

 福山雅治が、閉店の決まっている銀行支店の支店長を演じるドラマ「集団左遷!!」(TBS系)がピンチだ。5月19日に放送された第5話では、前回から微減の視聴率9.0%という結果に。第1話でマークした13.8%が「貯金」となり、シリーズ平均視聴率は10.2%とぎりぎり二ケタ台を維持しているが、この調子が続くと一ケタ落ちの恐れは高い。

 その「集団左遷!!」では主演・福山の“顔芸”が話題になっており、一部の視聴者を楽しませているものの、銀行員という役柄については「ミスキャスト」との指摘もあり、先行きに予断を許さない状況だ。そんな福山にとって、ここからの展開が正念場になってくるという。テレビ誌のライターがささやく。

「福山は本作が3年ぶりのドラマですが、前回主演を務めた月9ドラマの『ラヴソング』(フジテレビ系)はシリーズ平均視聴率が8.4%と低迷し、当時の月9ワースト記録を更新。俳優としてのキャリアに泥を塗る結果となりました。しかも『ラヴソング』の第6話と7話では月9史上の最低記録(当時)となる視聴率6.8%まで落ちこんでいた有様。それゆえ『集団左遷!!』でも鬼門の第6話が危ぶまれているのです。ただ、ここで視聴率をV字回復できれば“低視聴率男”のレッテルから逃れることもできるかもしれません」

 まさに上がれば天国、下がれば地獄といったところか。そんな瀬戸際にある福山だが、前作の「ラヴソング」に比べると本作には有利な点があるという。テレビ誌ライターが続ける。

「その『ラヴソング』は福山の主演作だったものの、実際には新人シンガーソングライターの藤原さくらをヒロイン役で売り出すための一大プロジェクトだったと言われています。しかし演技未経験の藤原に月9のヒロインはあまりの重責で、これぞ真のミスキャスト。しかも三番手だった演技巧者の菅田将暉を効果的に使いこなすこともできていませんでした。それに対して『集団左遷!!』では副支店長役に香川照之、部下に神木隆之介と演技派を配し、福山をしっかりとサポート。ヒロイン的存在の中村アンも安心して観ていられますし、『ラヴソング』のようなストーリー崩壊の恐れはないはずです」

 もはや「集団左遷!!」は福山の主演ドラマではなく、香川や神木を含めた群像劇として楽しむのが正解なのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
2
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
「夫のピンク店通い」も笑い飛ばし…蒼井優“内助の功”に女性人気が爆上がり!
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?