芸能

上沼恵美子が「白い巨塔」“最終回の岡田准一”を大絶賛したポイントとは?

 V6の岡田准一主演のテレビ朝日開局60周年記念ドラマ「白い巨塔」が5月22~26日の5夜連続で放送され、初回12.5%、第2話11.8%、第3話12.2%、第4話13.5%、最終話15.2%と、合格点といえる数字を残した。

 ご存じ、山崎豊子氏の同名長編小説が原作の「白い巨塔」は、日本でドラマ化されたのが今回で5回目。1978年には田宮二郎が、2003年には唐沢寿明が主人公である野心家の天才外科医・財前五郎を演じている。

「今回の放送後、ネットでは唐沢版がよかった、田宮版がよかったとの意見が飛び交いました。岡田に対して《背が低すぎる》という意見が圧倒的に多く、他には、財前の師である東貞蔵教授役の寺尾聰や、財前のよきライバルである里見脩二役の松山ケンイチのミスキャストを指摘する声も目につきましたね。ただ、フジテレビで全29話にわたり放送された唐沢版の平均視聴率は23.9%と岡田版よりかなり高かったものの、回を追うごとに数字を上げた岡田版も、業界内では大健闘だったとの評価です」(ドラマ制作会社関係者)

 実際、そんな岡田版「白い巨塔」について、“関西の女帝”上沼恵美子も5月27日に放送されたラジオ番組「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCラジオ)で、特に最終話を絶賛していた。

「上沼は1話目を観て、その後の2~4話が観られず最終話を観たとそうですが、1話目で『唐沢さんが上やな』と思ったそうです。しかし最終話については、『今回は財前が死んでいくところを割と長く時間を取ってたんですよ。死んでいく苦しむところの岡田さんのお芝居、ちょっと怖かったわ。うますぎて』と岡田の演技を絶賛。中でも岡田と母親役の市毛良枝との電話のやり取りのシーンは泣いてしまったと明かしていました」(夕刊紙記者)

 また、初回ではやはり松山ケンイチをミスキャストだと思ったようだが、最終話の演技で「あれがほんまもんの芝居ちゃうかな」と感心。SNSでも〈3話ぐらいから面白くなった〉との感想が見られることから、そうしたことが数字の上がり方に反映されたのかもしれない。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」