芸能

爆笑問題・太田光がラジオ番組で「サンジャポに嘆いた」深意とは?

 爆笑問題の太田光がラジオで、自分が長年MCを務めてきたレギュラー番組について気になる発言をしている。それは、ラジオのレギュラー番組「爆笑問題カーボーイ」(TBS系)でのこと。

 5月21日放送の同番組で、テレビのレギュラー番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)について話していた時、番組でネットニュースの取り扱いをやめることを進言したという。相方の田中裕二が、太田が「サンジャポ」で扱うのが「炎上のニュースばっかりだな」と嘆いていたことに水を向けると、太田が「だから、『サンジャポ』に言ったんだよ。『もうネットニュースやめようよ』って」と発言。「扱いが多すぎるし、テレビでやると、よけいに拍車かかるでしょ」と、火に油を注ぐ結果を招いている現状を訴えたのだ。

「太田も『オレも人のこと言えないから』とも言ってましたが、確かに『サンジャポ』は取り上げるテーマが多いし、渦中の人物をゲストに呼んでは、炎上をあおっているフシすら感じさせます。もちろん、そこが番組としておもしろく、飽きっぽい視聴者をいかに引き付けて視聴率を稼ぐのに腐心してきたわけです。でも、それを外野が言うならまだしも、そのカラクリを自覚している当事者の太田が『もうどうすりゃいいのかね?』なんて他人事とは…。スタートから18年も番組MCを続けてきた立場で、何言ってるんだって印象を持ってしまいましたね」(芸能ライター)

 ちなみに、かつてダウンタウンともめて干されたともいわれる太田は、最近も、ぜんじろうと激しくやりあってネットニュースの恰好の話題になったばかり。

「太田は超多忙人。自宅と収録現場を車移動するだけの日々で、楽屋でラジオを聞き、テレビを見て、空き時間は読書と原稿書きに明け暮れているそうです。となると、ネタも枯渇する。もしかしたら、話題の人物にちょっかいかけて自分も話題の人になろうとしているんじゃないかとさえ感じます。相方の田中がストップかけなければ、とことんいってしまいそうですよ」(スポーツ紙記者)

 こうした太田の行動の延長線上に「サンジャポへの嘆き」があるのかどうか。ともあれ、長年付き合っている相方とはいえ、田中の気苦労は尽きないようだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」