芸能

土屋太鳳、実姉がミス・ジャパン東京大会で優勝するも“冷ややか意見”続出!

 6月3日、都内で「2019年ミス・ジャパン」コンテスト東京大会の最終選考が開催され、土屋太鳳の実の姉である「炎伽(ほのか)」がグランプリを獲得。東京代表として選出され、妹の太鳳、弟で声優の神葉(しんば)の3人で記念撮影に応じたが、その様子に「冷ややかな指摘」が続出している。

「現在、富士通のチアリーダー部・フロンティアレッツのメンバーとして活動する炎伽は、太鳳のインスタにも時折登場し、すでに注目されている美人の姉。選考会終了後に芸能界入りについて質問されると、『私らしく輝く場所があったら』『弟も含め、いつか姉弟3人で共演するのが夢です』と、すでに芸能界に入る気満々とも取れる受け答えをしていましたね」(芸能レポーター)

しかしネット上では、〈26歳、身長155センチでグランプリには違和感〉という選考そのものに対するツッコミに始まり、《「私らしく輝く場所があったら」っていう上からの言い回しが太鳳に似てて嫌い》〈もし芸能界入りしても姉妹で叩かれることは間違いない〉など、散々な言われようだ。

「非常に紛らわしいのですが、『ミス・ジャパン』は過去に同名の大会があったものの、『ミス・ユニバース・ジャパン』でも『ミス日本』でもなく、今年から新たに作られた大会で、主催者側も盛り上げるための話題性が欲しかったことは事実でしょう。炎伽も、芸能界へのデビュー前に一つ“箔”をつけたかったとも思われますが、太鳳の姉として売り始めたとしても、その太鳳の同性人気は最悪。かなりの覚悟を要するかもしれません」(芸能界関係者)

 はたして炎伽が芸能界で「輝く場所」は用意されるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
3
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像