芸能

カラテカ入江慎也は氷山の一角?芸能界に蔓延する“闇営業”の実態とは

 犯罪組織の忘年会への“闇営業”がバレて、所属する吉本興業を解雇された、カラテカの入江慎也。

「問題の忘年会には、入江の仲介で雨上がり決死隊の宮迫博之や、ロンドンブーツ1号2号の田村亮らも参加していたことがわかっています。事情をよく知らない中での参加ということもあり、彼らは“厳重注意”のみで仕事への影響は少なそうですが、世間の厳しい批判を浴びることになるでしょう」(芸能記者)

 この吉本興業の処分で注目すべきは、犯罪集団とは知らなかったかもしれないが、事務所を通さぬ闇営業であることはわかっていたにもかかわらず、そこへの処分がないことだ。

「つまり、芸人の闇営業自体は黙認されているということなのでしょう。所属芸人が増えて、一人のマネジャーが何組もの芸人を担当する時代になり、芸人ごとにきめ細やかなマネジメントや営業活動ができない現実がありますからね。会社サイドもそこに負い目があるだけに、厳しく管理ができず、そうした中にあっては事務所を通さず実入りも大きい闇営業が増えていくのは当然のこと。実力のある芸人で闇営業をやったことのない芸人はほぼいないでしょう」(お笑い関係者)

 闇営業でなくとも、小会場でのライブなども事務所が関与していないケースがほとんどだし、そもそも事務所と所属にあたっての契約書がないケースも多い。何をもって所属芸人なのか、そんな人材に対し事務所としての責任はどこまで及ぶのか。

 入江は、友達5000人の合コン王と言われるようになり、事業も展開している。そうした中で調子に乗っていたことは間違いなく擁護の余地はないが、一方で今回を機に、お笑い界、芸能界のありようを見つめなおす必要はありそうだ。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」