芸能

天才テリー伊藤対談「ハリウッドザコシショウ」(3)誰もやらない笑いを常に探ってます

テリー そこから、「あらびき団」で一気にブレイクすることになるんだよね。あのへんのネタを作るきっかけは何かあったの。

ザコシショウ 同じ事務所の「バイきんぐ」と一緒にユニットライブを始めたんです。当時、彼らもまだ全然売れてない後輩だったんですが、吉本を辞めてからの経歴が僕と同じで、おもしろかったですからね。

テリー へえ、そんなことをやってたのか。

ザコシショウ その時に作った(機動戦士)ガンダムや(「キン肉マン」の)アシュラマンになりきって漫談をするネタをたまたま見たマネージャーさんから、「オーディションがあるから行ってみる?」って声をかけてもらったのが「あらびき団」だったんですよ。

テリー なんか、運命的なものを感じさせるね。

ザコシショウ はい。そのマネージャーさんと話したのもその時が初めてで、しかも僕は事務所が選んだ候補者の枠外だったんです。なのに、蓋を開けたら合格したのは僕一人だけで。

テリー あのネタ、勢いだけでやっていると思う人もいるかもしれないけれど、実はすごく観察眼がいる芸だと思うんだ。

ザコシショウ モノマネを普通にうまくやるより、オーバーに演じれば目立ちますし、その似てなさを逆手に取って他にないおもしろさを見せよう、と。とにかく何か誰もやらない笑いはないか、放送コードギリギリの、頭のおかしいラインをいつも探っている感じなんです。

テリー 全てを計算した上で演じているんだね。

ザコシショウ やみくもにはやっていないです。特に裸芸人って「浅はかな考えで脱いでいるんだろう」と言われることもあるんですが、パンツ一丁の姿にもちゃんと意味がありまして。僕は手足が短くておなかも出てるから、オーバーに動く時、体の線がちゃんと見えたほうがおもしろいんですよ。

テリー 他に何かこだわっていることはある?

ザコシショウ 自分でブレーキをかけないことが大事ですかね。とにかく打席に出ることを考えて、あとで「バカ野郎!」って怒られるのは別にいいかなと。

テリー ザコシさんと似たようなタイプの芸人っていうと、誰になるかな。

ザコシショウ 江頭2:50さんには憧れています。

テリー ああ、わかる気がする。

ザコシショウ あとは永野君、くっきー(野性爆弾)、(レイザーラモン)RG。そこらへんは同じようなタイプですかね。よく「芸風がかぶるからあいつら、嫌いだろう?」って言われるんですけど、全然そんなことなくて。むしろ仲はすごくいいですよ。

テリー そろいもそろってバットを大振りするタイプだな(笑)。お客さんの反応なんかは、やっぱり気になる?

ザコシショウ はい。最近だと、SNSでいろいろな意見を見たりできるのはいいんですが、中には直接僕に「つまんねえ」「気持ち悪い」なんて伝えてくる人がいるんですよ。

テリー ああ、Twitterとかだとそれ、できちゃうからね。

ザコシショウ 「ザコシ、地球上の生物でいちばん嫌い」って書かれたことありますから。そこまで嫌わなくてもいいだろうと思いますが(苦笑)。

テリー アハハハ、ふざけて書き込んでいるのかもしれないけど、強烈だな、それは。

ザコシショウ そういうコメントは、その画面を撮ってコレクションしていて、あとで「暇なヤツらだな」ってあざ笑うことにしているんですよ(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す