芸能

小島瑠璃子、オーバーオール姿が“素肌にエプロン”状態で男たちが歓喜!

 タレントの小島瑠璃子がまたもや艶っぽさを全開だ。友人でタレントの菊地亜美が6月19日に公開したインスタグラムにて、脇やデコルテを全見せしている艶ショットを披露した。

 どうやら二人で食事をしている最中のようで、小島は店内らしき席で髪をかき上げつつ、ばっちりカメラ目線で笑顔。その姿はあまりにも可愛らしく、菊地が〈可愛く撮れちゃった 悔しいけど可愛いから載せる〉と書いていたのも納得だが、その小島に対して賛否両論が飛び交っているようだ。

「小島はオーバーオールもしくはサロペット状の服を着ているのですが、その下にシャツやブラウスを着こんでいないため、ほとんど“素肌にエプロン”状態なんです!髪をかき上げる仕草はむしろ、ツルンとした美ワキを見せつけるのが目的と思えるほど。全開のデコルテでは胸の渓谷ぎりぎりまで見せて攻めているほか、服の前側にはジッパーが付いているではないじゃないですか!これが“見せジッパー”でないのであれば、峰不二子の艶シーンさながらに前側をオープンして美バストをさらけだせるはず。そんな服装には男性を中心に歓喜の声が飛び交っています」(芸能ライター)

 その一方で女性からはこんな声もあがっているようだ。芸能ライターが続ける。

「たまには暑い日もあるとはいえ、6月のうちからこんなに肌見せするのはおかしいとの批判が続出。しかもノースリーブを超えた、過度の肌見せですから、これでは店内の冷房で体が冷えてしまうはずです。そんな小島には『そこまでしてオトコにアピールしたいの?』と醒めた声も飛んでいますね。そもそも食事の場に、デコルテも丸出しの服は似合わないでしょう」

 かつてAAAの宇野実彩子が素肌にオーバーオールの画像を公開して大絶賛を浴びたこともあるが、それはあくまで写真集の宣伝が目的だった。それに対して小島はどうやらふだんから肌見せ大サービスの私服を着ているようで、いつでも賛否両論を浴びることを覚悟しているのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題