芸能

「謹慎」田村亮、“唯一のウリ”の「いい人キャラ」も崩壊で冷ややかな声が続々!

 芸のない彼には今回の騒動はあまりに致命的!?

 詐欺グループ相手の闇営業に参加し、金銭を授受していたことが発覚、吉本興業から活動休止の謹慎処分が発表されたロンドンブーツ1号2号の田村亮に厳しい声が向けられている。

 この騒動で亮や雨上がり決死隊・宮迫博之ら11人が謹慎処分となっており、いずれの芸人たちも口裏を合わせたように相手が反社会的勢力であることを全く知らなかったことと、金銭の受領を当初は否定。

 しかし、最新のコメントで亮は〈特殊詐欺グループの開いた会に、私ロンドンブーツ1号2号田村亮が参加した件で、金銭の受け取りがございました。自分の都合のいいように考えてしまい、世間の皆様に虚偽の説明をしてしまった事を謝罪させて頂きます〉と、自身の立場が苦しくなることから虚偽の報告をしてしまったことを明かしている。また、具体的な活動休止期間は明かされていないものの、〈謹慎期間を通して、自分を見つめ直し二度とこんな行動をしない人間になるようにします〉と、自身がとった行動を悔やんでいる。

 しかし、亮の謹慎処分について、世間からは「宮迫はともかく、亮はいなくても、番組的にはあまり影響ないだろ」「唯一のウリ、いい人キャラが崩壊しましたね」「おもしろくなくてもいい人だと思ったから応援してたけど、残念だわ」「これを機会に地道に暮らしてみては?」など、芸人としては屈辱的なコメントが多数ぶつけられている。

「宮迫は“間接的に”ギャラを受領していたと、お得意のアイマイな表現を使っているのに対し、しっかりと虚偽の説明をしていたことを認めているぶん、亮の方がまだマシといった声が一部で上がっているように、正義感が強いイメージがある亮。実際、世間の中では『亮がいるぐらいだからこれはシロだろう』と思う人がいるぐらいでしたし、その“いい人キャラ”が今回で崩壊してしまったのは残念なところ。それにロンブーの2人がレギュラー出演する『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)を見ていても、主な進行や欠かせない存在であるのは田村淳であることは誰が見てもわかること。実際、問題となった反社会勢力の忘年会でも亮は特に芸を披露することなく、他の芸人のパフォーマンスを見ているだけという何とも微妙な役どころでしたから、亮が出演しないところで『ロンドンハーツ』が今までと変わらないクオリティーのものに感じられる可能性も高いはず。実際、処分発表後の6月25日には、亮の出演部分をカットして『ロンドンハーツ』が放送されましたが、視聴者からは『いなくても違和感がない』といった感想が飛び出していました。亮としてはそれも切ない話ですが、復帰後に自身の存在感を示すことに一番苦労するはずでしょう」(エンタメ誌ライター)

 謹慎期間中には復帰後に笑いをとる芸や発言などのプランを練っておくことをオススメしたい。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
5
大臣になった扇千景が怒りに震えた人間国宝の夫「御開帳ハレンチ写真」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史