芸能

「もう飽きた!」雛形あきこ、“夫ネタ”限界で決断迫られる「四十路Eカップ披露」

 6月25日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に、女優の雛形あきこが、夫で俳優の天野浩成とともに出演し、雛形に対する天野の相変わらずの溺愛ぶりを披露したのだが、ネット上ではかなりの不評ぶりだ。

 そこでは雛形が、いつも天野がロケについてくるという泊まりロケでのエピソードを明かしたのだが、ツインの部屋で疲れた雛形がベッドに横になると天野がそこへ入り込んできて、シングルベッド1つに2人で寝るハメに。しかも別々のベッドに寝るように雛形が頑張ってみたものの、結局駄目だったそうで、これに天野は「触れると落ち着く」と力説をしていた。

「さらに天野は、雛形がトイレに行く際もついてくるそうで、出演していた西川史子に『犬みたい』とアキレられていましたね。ただ、こうした夫婦生活の仰天話に《そろそろ飽きた》とする声が一斉にあがっているんです」(テレビ誌記者)

 確かに、雛形が単独で、もしくは天野と夫婦でバラエティ番組に出演した際のトーク内容といえば、もっぱら天野による“雛形愛”ばかり。天野が雛形のアンダーウエア選びを欠かさないことに始まり、雛形が着古した肌着やボディーソープの使用後のビン、洗濯に失敗して縮んでしまったセーターなどをすべて保管しておくといった、異常なまでの“癖”があけすけに語られてきた。

「“収集”にこだわるものの対象がとにかく妻の雛形ということもあって当初はウケていましたが、異常スレスレのインパクトの強さだけに、飽きられるのも早く、視聴者はもうウンザリといった感じのようです。ただ、雛形が13年に再婚相手として選んだ天野は、俳優としては大成しておらず、まだまだ雛形が稼がなければならない事情がある。今回も一部では《旦那ネタより雛形のヤワ胸が見たい!》との意見が上がっていましたが、41歳になっても衰えぬ推定Eカップバストを披露する写真集やDVDでもまだイケる雛形だけに、そろそろ次の稼ぎ手段を考える時期に来ているのかもしれません」(夕刊紙記者)

 ちなみに雛形が以前語っていたところによれば、天野は意外にも雛形のドラマでのキスシーンなどにはいっさいヤキモチを焼かず、むしろ仕事だからと演技の相手をしてくれるなど協力的だというから、可能性は高いかも?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!