芸能

倉木麻衣、「ZARD『負けないで』をカバー」にまたもあがる批判と悲鳴!

 デビュー20周年を記念して8月14日にアルバム「Let’s GOAL!~薔薇色の人生~」をリリースするという倉木麻衣。しかし、その初回盤限定のボーナスディスクにZARDの「負けないで」のカバーが収録されているとの情報に、批判の声があがっている。

「初回限定版は東京五輪へのエールの意味も込め、5大陸の5色ジャケットを用意するといいます。そこへ、倉木がZARDの故・坂井泉水と親交があったこと、応援ソングでもあることから、名曲の『負けないで』のカバーを入れることになったそうですね」(音楽誌関係者)

 加えて倉木は、今年2月、「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)の企画で、映像で再現された坂井さんとのデュエットを果たしており、その反響も今回のカバーのきっかけとなったというが、ネット上では〈頼むからやめてくれ〉との声が多くあがっているのだ。

「《伝説の曲を簡単にカバーするな》《まったくタイプが違うアーティストなのに無理がある》といった批判が多く見られ、これらは、『ミュージックステーション』の時の“デュエット”でも同じような現象が起きていましたね」(ネットウオッチャー)

 倉木は17歳でデビュー以降、シングル42作がすべてオリコン10位内という、ソロアーティストとしての歴代1位の記録を更新中で、30代半ばにした今も根強いファンは多い。

「そんな倉木も過去、ダウンタウンが司会だった『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)で、浜田雅功が宇多田ヒカルに対し、名前は出さないものの“パクリ出てきてるやん”としたことで、倉木の事務所が激怒。フジが謝罪する騒動に発展した過去がある。今回のカバーは坂井さんが倉木と同じレコード会社だったことから実現している企画でしょうが、倉木ファンもそんな強烈なトラウマがあることから、ZARDファンからのブーイングが出れば出るほど、他のアーティストと関わらずオリジナルでいってほしいという思いが込み上げるのでしょう」(前出・ネットウォッチャー)

 それだけ、いまだ注目度が高いということなのだろうが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
3
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!