芸能

倉木麻衣、「ZARD『負けないで』をカバー」にまたもあがる批判と悲鳴!

 デビュー20周年を記念して8月14日にアルバム「Let’s GOAL!~薔薇色の人生~」をリリースするという倉木麻衣。しかし、その初回盤限定のボーナスディスクにZARDの「負けないで」のカバーが収録されているとの情報に、批判の声があがっている。

「初回限定版は東京五輪へのエールの意味も込め、5大陸の5色ジャケットを用意するといいます。そこへ、倉木がZARDの故・坂井泉水と親交があったこと、応援ソングでもあることから、名曲の『負けないで』のカバーを入れることになったそうですね」(音楽誌関係者)

 加えて倉木は、今年2月、「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)の企画で、映像で再現された坂井さんとのデュエットを果たしており、その反響も今回のカバーのきっかけとなったというが、ネット上では〈頼むからやめてくれ〉との声が多くあがっているのだ。

「《伝説の曲を簡単にカバーするな》《まったくタイプが違うアーティストなのに無理がある》といった批判が多く見られ、これらは、『ミュージックステーション』の時の“デュエット”でも同じような現象が起きていましたね」(ネットウオッチャー)

 倉木は17歳でデビュー以降、シングル42作がすべてオリコン10位内という、ソロアーティストとしての歴代1位の記録を更新中で、30代半ばにした今も根強いファンは多い。

「そんな倉木も過去、ダウンタウンが司会だった『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)で、浜田雅功が宇多田ヒカルに対し、名前は出さないものの“パクリ出てきてるやん”としたことで、倉木の事務所が激怒。フジが謝罪する騒動に発展した過去がある。今回のカバーは坂井さんが倉木と同じレコード会社だったことから実現している企画でしょうが、倉木ファンもそんな強烈なトラウマがあることから、ZARDファンからのブーイングが出れば出るほど、他のアーティストと関わらずオリジナルでいってほしいという思いが込み上げるのでしょう」(前出・ネットウォッチャー)

 それだけ、いまだ注目度が高いということなのだろうが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
3
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
加藤紀子がお風呂シーンにやる気まんまん!かまいたち濱家が大興奮の艶シーン