芸能

吉本「反旗芸人」が受ける経営者サイドからの“非情な報復”全容とは?

「闇営業」問題に端を発した吉本興業の内ゲバ騒動が笑えないドロ沼と化している。

「そもそも宮迫博之(49)のウソがすべての発端。詐欺グループからギャラは受け取っていないとシラを切ったが実際は受け取っていた。その後、新たに発覚したギャラ飲み問題でも、会見で『絶対に受け取っていない』と説明したが、それもウソだった可能性も出てきて、事態は混迷するばかりです」

 呆れ顔で話すのはスポーツ紙芸能デスクだ。宮迫が全否定した「金塊強奪犯」からのギャラ供与に関して、7月26日発売の「フライデー」(8月9日号)は、

「5~10万円の現金を渡されていました」

 という目撃者の証言を掲載。この記事がきっかけでふたたび大きな局面を迎えつつある。

「この報道により、吉本はわずか4日前に契約解除を撤回したばかりの宮迫の契約解除処分を再検討すると対応を2転3転させている。宮迫の擁護と経営陣の批判にまわった“造反組”は一気に立場が悪くなりました」(前出・デスク)

 その造反組の急先鋒が、極楽とんぼ・加藤浩次(50)だった。

「この経営陣が代わらないなら、オレは吉本を辞める」

 岡本社長の会見翌日、みずからが司会を務める「スッキリ」(日本テレビ系)で、大崎=岡本体制に噛みついたのだが‥‥。

「そもそも経営陣は芸人など小さなコマとしか思っていない。番組のパッケージができていれば、たとえ芸人が不祥事を起しても入れ替えればいいと考えている。あの“紳助騒動”後も『行列のできる法律相談所』(日テレ系)も東野、後藤、宮迫で乗り切れたと自負している」(前出・デスク)

 タカアンドトシや友近ら、加藤に追従する動きを見せた芸人の運命やいかに!? 7月30日発売の「週刊アサヒ芸能」8月8日号は経営者サイドの“非情な報復”の中身に迫っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”