芸能

吉本「反旗芸人」が受ける経営者サイドからの“非情な報復”全容とは?

「闇営業」問題に端を発した吉本興業の内ゲバ騒動が笑えないドロ沼と化している。

「そもそも宮迫博之(49)のウソがすべての発端。詐欺グループからギャラは受け取っていないとシラを切ったが実際は受け取っていた。その後、新たに発覚したギャラ飲み問題でも、会見で『絶対に受け取っていない』と説明したが、それもウソだった可能性も出てきて、事態は混迷するばかりです」

 呆れ顔で話すのはスポーツ紙芸能デスクだ。宮迫が全否定した「金塊強奪犯」からのギャラ供与に関して、7月26日発売の「フライデー」(8月9日号)は、

「5~10万円の現金を渡されていました」

 という目撃者の証言を掲載。この記事がきっかけでふたたび大きな局面を迎えつつある。

「この報道により、吉本はわずか4日前に契約解除を撤回したばかりの宮迫の契約解除処分を再検討すると対応を2転3転させている。宮迫の擁護と経営陣の批判にまわった“造反組”は一気に立場が悪くなりました」(前出・デスク)

 その造反組の急先鋒が、極楽とんぼ・加藤浩次(50)だった。

「この経営陣が代わらないなら、オレは吉本を辞める」

 岡本社長の会見翌日、みずからが司会を務める「スッキリ」(日本テレビ系)で、大崎=岡本体制に噛みついたのだが‥‥。

「そもそも経営陣は芸人など小さなコマとしか思っていない。番組のパッケージができていれば、たとえ芸人が不祥事を起しても入れ替えればいいと考えている。あの“紳助騒動”後も『行列のできる法律相談所』(日テレ系)も東野、後藤、宮迫で乗り切れたと自負している」(前出・デスク)

 タカアンドトシや友近ら、加藤に追従する動きを見せた芸人の運命やいかに!? 7月30日発売の「週刊アサヒ芸能」8月8日号は経営者サイドの“非情な報復”の中身に迫っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”