事件

“撮り鉄”だった京アニ放火犯が学生時代に通った高崎線の名撮影地とは?

 35人もの尊い命が奪われた痛ましい京都アニメーション放火事件。放火したとして京都府警から逮捕状が出された青葉真司容疑者は全身やけどで治療中で事情が聴けていない状況だ。そんな青葉容疑者の人物像を解き明かそうと、多くのメディアが過去を追っているが、7月28日配信の「文春デジタル」は青葉容疑者の高校時代の同級生に話を聞き、鉄道に興味があったと報じている。

 記事によると青葉容疑者の趣味は電車で、いわゆる“撮り鉄”だったという。高崎線の有名なスポットで撮影していたそうで、仲間に「あそこからだと、いい角度で撮れるんです」などと自慢していたとか。

「高崎線の名撮影地と言うと、岡部駅と本庄駅の間にある通称『おかぽん』か、岡部駅と深谷駅の間にある『おかふか』がそうではないでしょうか。どちらも臨時列車が走る時などは撮り鉄が大勢集まり、カメラの砲列が並びます」(鉄道ライター)

 埼玉県内には他に東北本線にも有名な撮影地があり、そちらは東大宮駅と蓮田駅の間にあることから、「ヒガハス」と呼ばれている。

「青葉容疑者が高校生の頃ですから、今から25年ほど前になりますね。この頃、ヒガハスでは東北本線経由のブルトレ『北斗星』が撮れました。高崎線では夜間急行列車『能登』、ブルートレインの『北陸』『あけぼの』が撮影できました。青葉容疑者は高崎線の撮影地がお気に入りだったとのことなので、これらのブルトレが好きだったのかもしれません」(前出・鉄道ライター)

 鉄道が好きで、おとなしい印象だったともいう少年時代の青葉容疑者。いったいなぜこんな大事件を起こしたのか、解明が待たれる。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
2
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ
3
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
4
大江麻理子、プリンプリン桃型ヒップと腰つきがヤバイ!“フェロモン爆発度”
5
千原ジュニア・杉本哲太は和解してない?「タクシー乗り継ぎ旅」に浮上した謎