芸能

あのマユが懐かしい!? 西野七瀬、「高校時代はギャル」告白に共演もビックリ

 やはり本人にも自覚があったようだ。

 元乃木坂46の西野七瀬がレギュラーを務めるトーク番組「グータンヌーボ2」(関西テレビ)の7月23日放送回でのこと。穏やかで口数が少ない現在からは想像できない高校時代について明かして、共演者たちを驚かせた。同回で西野はモデルの伊藤ニーナと、ミュージシャンの関取花とガールズトークを展開。その中で「どんな高校生だった? 上京してくる前」と、乃木坂加入前についての質問を受けていたが、これに対して西野は「見た目はちょっとギャルでした」と返答。

 当時について、西野は「ギャルがちょっと流行ってたっていうか時代的に」と前置きしたうえで「マユ毛がすごく細くて、カラコンもしてたし、肌も今よりは黒いっていうか、もっと髪色も明るくて、長くて」と、とにかくギャル要素強めの見た目であったことを明かしている。

 性格については現在と変わらず物静かな性格だったと強調していたものの、西野がギャルだったということについては、すでに半年以上もの間、番組でともにMCを務める田中みな実や長谷川京子らも「意外だわ。ずっとこの感じかと思ってた」と、とても驚いた様子見せていた。

「西野は、高校時代はダンス部に所属し、2年生の時に乃木坂入りしました。乃木坂のドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方』でもオーディション時の映像が見られますが、西野自身も自覚していたように、見た目はギャルで、とにかくマユ毛が細いんです。グループ加入後は徐々にマユ毛の形やメイクが変化していき、現在のような“守ってあげたい感”満載の清純派美女にシフトしていきました。乃木坂加入後は、とにかくおとなしいイメージが強いですから、乃木坂加入前を知らない人にすれば、ギャルだったと言われてもその時代の西野が想像できないのは無理もないでしょう」(アイドル誌ライター)

 ちなみにファンの間ではギャル時代と現在では、どちらがタイプかで意見が分かれるほど、ギャル時代の西野も好評だ。これから先、芸能活動を続けていくうえで壁にぶつかった時にはギャルメイクに戻すといった方法を取ってみるのも一つの手かもしれない?

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…