芸能

輝く!有名人スキャンダル大賞2019上半期(4)夢があった後藤真希の不貞

 差別発言の長谷川さんは、ついに政治家をあきらめたっていう報道も。遅いよ!

 今回の参院選は出なかったけどわかんないよ、まだ。

 動画を加工されたって言ってましたからね。

 YouTubeで徹底的にやってた。確かに切り取ってはいるけど、その切り取ってない文章読んでもダメ。

 いつものパターンですよ。「捏造だ!」から一転、全面謝罪して。で、また「やっぱり捏造だ!」。

 全文を見てもダメじゃねえかって。一緒に番組やってる時も、さすがにここまでだったかなあ‥‥悪化してるのかなあ。新井浩文さん逮捕。やったこと自体で言えば、いちばんアウト。

 まあ、これ以外にも相当問題はあったらしいですけどね。聞いた話では共演した中学生とか口説くレベルでガチの‥‥。

 えっ? そっち?

 そういうのだと、戻ってこれないもんね。

 原田龍二が車内不倫。最高でしたね。聴きました? ニッポン放送のラジオ。まず最初に重い感じで謝罪したあとも、ひたすらメールが糾弾なんですよ。

 厳しいんだよ。厳しいのをあえて読むから、原田龍二が野々村元兵庫県議みたいになっちゃって。

 ずーっと泣きながら「すみませんでした!」みたいにやってるのに、それが終わったあとも、パートナーのアナウンサーがまた詰めて、CM入ったあともまだ糾弾を続けてるから、30分ぐらい謝罪が続く。あれ、ちょっと聴いたほうがいいですよ。

 そうなんだ。

 あれを聴いて思ったのは、「やりすぎ」ぐらい謝罪すると、かわいそうなくらいの気持ちになってくる。

 成功だよ。

 ちょうど僕、MX行ったら、すげえ人がいて。記者会見で、「時間は?」「時間は無制限です」って。記者がどよめいたという。

 そこもやりすぎで(笑)。

 あの不倫が2人だけじゃなかった説を芸能レポーターが追ってたらしいんだけど、あまりにも記者会見がみごとすぎて、これ以上の追及がなかった。素直に謝ると、みんな引くんだね。

 それがいきすぎて、ちょっと「笑ってはいけない」みたいな感じになってたから。

 「あなたにとって裸とは?」という質問(笑)。

 原田のポイ捨てっぷり、俺は「ドライブスルー不倫」って、呼んでるんだけどね。

 「5時に夢中」ならぬ「5時から夢中」。放送終わったらすぐピックアップして「6時に車中」だった。

 安東(弘樹)さんだけだよ。「あの車はランクルではありません。あれはランドクルーザープラドです」って堅苦しいコメントしてたの。

 メチャメチャ車種にこだわって。

 車種が違うって(笑)。くだらなかったなぁ。

 後藤真希の不倫。夢がありましたね。ファンも誰も怒ってなかった。後藤さんの夫が訴えて裁判になっちゃったから詳細が出ただけで。

 また、遊ぶ場所が全部いいんだよ。

 錦糸町のラブホテルだったり、アパホテルだったり。

 そういうほうが落ち着くんでしょうね、根っから。

 もともとオンラインゲームが好きで、「モー娘で誰が好き?」と後藤さんが聞いて、その男が「ゴマキ!」と答えると、後藤さんは「私がゴマキ!」と返すという。ファンは今まで何のために「ゴマキじゃない。ごっちんと呼べ」といって戦ってきたのか(笑)。後藤さんの大ファンだった杉作J太郎さんが後藤真希のインタビューで結婚について聞いたら、「私、結婚は向いてないと思う。1人で満足できるわけがないんです」と言ってたらしい(笑)。

 ストレート!

 3人ぐらい必要だと。

 すげえな。それで別に錦糸町のラブホでいいわけだから、ホントに気取らない人なんですよ。

 まさに「ドリーム・モーニング娘。」だな。

<座談会メンバー>

:水道橋博士/:玉袋筋太郎/:吉田豪/:宇多丸

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」