芸能

夏ドラマ美女「残暑の追い込み色香」(2)アクションシーンで真木よう子のブラウスが…

 日本テレビ系「ボイス110緊急指令室」は、前評判こそ高くなかったが、コンスタントに2桁台の視聴率を叩き出している。

 真木よう子(36)の体が高視聴率を呼び寄せているともっぱらだ。日テレ関係者が語る。

「局内では、ハードなアクションと彼女のムチムチGカップバストの相性が完璧にマッチしたことが『ボイス』の勝因だと見られているんです。実際、第4話の『緊縛生き埋めシーン』では彼女の豊満な肉体がクッキリと浮き彫りになった瞬間、視聴率が急上昇している。編集スタッフも真木のシーンではテンション爆上がりなんですよ」

 現場では、予期せぬありがたい「ムチムチトラブル」も発生していた。

「関係者の間で語りぐさとなっているのが、第3話の真木と犯罪者によるアクションシーン。あまりに激しく動いたせいで、彼女のブラウスのボタンが弾け飛んでNGを出したんです。これには彼女も苦笑いしていました」(日テレ関係者)

 うって変わり、「今夏最大の話題作」との呼び声が高かったものの苦戦が伝えられているのは、TBS系「ノーサイド・ゲーム」だ。同ドラマ関係者が証言する。

「初回視聴率13.5%と2桁スタートを切ったものの、日曜劇場枠の『池井戸潤作品』としては喜べない数字です。そのうえ、8月25日放送の第7話では9.7%と1桁台に転落してしまった。現場のプレッシャーたるや、想像を絶するものですよ」

 そんな同作のスタッフを癒やしているのが主演・大泉洋の妻役で出演する松たか子(42)だった。

「大泉と松は過去に熱愛報道が出たほどの仲のよさです。二人のおかげで現場のムードがいいのはせめてもの救いです。両者の下ネタ合戦はもはや現場名物となっています」(ドラマ関係者)

 大泉が松にエロ話を頻繁に投げかけているという。彼女が12年の映画「夢売るふたり」(アスミック・エース)で披露したオナニーシーンや陰毛露出シーンの話をほじくり返したりもしているそうだ。

「そんな大泉に松が負けじと反撃しているんですよ。『またチ○チンの話?』と平然と返していますね。さらには『松によるエロトークのほうが趣があっておもしろい』と現場で評判なんです。極め付きは父・松本幸四郎(現・白鸚)にまつわる話。『玄関を開けると父がフルチンでたたずんでいた』『父は観劇に出かける直前に“ヌく癖”がある』といった、変態エピソードを多数持っている。視聴率に悩んでいても、松の下ネタを聞けば気持ちを切り替えて前を向くことができるんです」(ドラマ関係者)

 最終回までに劇的回復を果たしてノーサイドとなってほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道