芸能

「これは経費で落ちません!」多部未華子、キス顔⇒頭ポンポンが胸キュンもの!

 多部未華子主演のドラマ「これは経費で落ちません!」(NHK)が回を重ねるほどに評価がグングン上がっているようだ。

 最近の「お仕事ドラマ」は、社内でしか通用しないルールをぶち壊す、破天荒だったり天才肌だったりする主人公の活躍ストーリーが多いのに対し、主演の多部未華子演じる石鹸メーカー「天天コーポレーション」経理部・森若沙名子は「決まりですので」と社内ルールを守り、よけいなことに手を出してしまいそうになると「ウサギを追うな」と自分にブレーキをかける、地味なキャラクターなのだ。

 とはいえ、「公私混同は見逃せない」というマジメな正義感からウサギを追ってしまい、毎回「一般的などこの会社にも起こりうる事件」が発生。リアルなお仕事トラブル解決ストーリーを基調に、ジャニーズWESTの重岡大毅演じる山田太陽との恋愛模様が、ゆっくりとさわやかに描かれている。

「8月16日から3週にわたり、日本テレビの夏休み恒例ジブリ映画『千と千尋の神隠し』『崖の上のポニョ』『天空の城ラピュタ』と人気作品の放送が続いたので、もしかしたら視聴者を少しとられたかもしれません。さらに同放送時間帯には黒木華主演『凪のお暇』(TBS系)があり、どうやら『凪』をリアルタイムで、『経費』を録画で見ている人が多いようです。8月30日放送の第6話では、多部演じる奥手な沙名子が、唇を突き出したキス顔で重岡演じる太陽を待ち受けるも頭をポンポンされただけで歩きだしてしまう太陽を追い、沙名子が手を握りしめるという“胸キュンシーン”が大反響。ネット上では『ヘタなキスシーンよりキュンとした』『キス顔⇒頭ポンポン⇒手つなぎコンボの破壊力』『この2人かわいすぎだろ!』といった声が相次ぎました」(テレビ誌ライター)

 ドラマの制作発表会では、今回の胸キュンシーンを「好きなシーン」と挙げていた多部。視聴者も多部と同じシーンを大いに気に入ったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション