女子アナ

「報ステ」最高責任者、女子アナへの“連続ハラスメント”にファンがブチギレ

 9月5日発売の「週刊新潮」が、報道番組「報道ステーション」(テレビ朝日系)のチーフプロデューサーの性的ハラスメント行為を報じた。記事によると、被害者の1人は森葉子アナウンサーだという。

「関係者によれば、チーフプロデューサーが森アナに興味を持ったきっかけは、誕生日プレゼントとして1000円程度の焼き菓子を貰ったことだったそう。その後、彼は食事に誘い、断られ続けたものの、《麻布十番の○○を予約しました》と勝手に約束を取り付けたとのこと。そして食事後、1人で帰ろうとする森アナに、チーフプロデューサーは『酔っているから送っていく』と主張。森アナは『大丈夫です』と繰り返し断ったそうですが、結局、森アナのマンションの中まで付いてきて、いきなりキスをしてきたというのです」(芸能記者)

 その後、森アナや、被害を聞きつけた複数のディレクターは、コンプライアンス統括室へ相談。社内調査の結果、3日間の謹慎とチーフプロデューサー職の解任、BS朝日の出向というペナルティが下されたという。

 この件について、森アナのファンからは、怒りの声が殺到している。

「森アナは、整った顔立ちに身長170センチと、スタイル抜群のモデル体型でファンは多い。それだけに、今回の報道後、ファンの間では『キスまでしておいて、たった3日の謹慎は軽すぎる!』『ハラスメント男の写真見たが、クマみたいな男じゃないか』『人事権を掌握する権力者に迫られて怖かっただろうな』と同情や怒りの声が続出。また近年、テレ朝から女子アナの退社が続出しているのも、こういったハラスメントが背景にあるのではないかという憶測も飛び交っています」(前出・芸能記者)

 さらに「新潮」が取材した女性職員によると、ハラスメント被害者は社員から学生アルバイトまで10人以上に及び、チーフプロデューサーは「どんな体位でやっているのか?」「俺は訴える人と訴えない人の見分けがつくので(ハラスメントを)やっているんだ」と、鬼畜発言を繰り返していたという。

 本件はこのまま、軽い処分で済まされてしまうのだろうか。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
4
SKE48大場美奈、不意に襲うビリビリ電流で下半身押さえる姿にファン騒然
5
女もヤル気満々!?“板尾創路に性的被害受けた”報道に板尾擁護続出のワケ