芸能

蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(5)さんまも絶句した?大竹しのぶの“離婚脱ぎ”

 朝ドラ100本目の記念作品ということで、歴代ヒロインの豪華競演が話題になった「なつぞら」。一方、出演がなかった中で意外に知られていないのは、あの大竹しのぶも朝ドラヒロインを務めていたということだ。

大竹は1975年の「水色の時」で、医大生を目指すヒロイン・松宮知子を演じていた。

「デビュー当時から天才女優の名をほしいままにしてきた大竹の初脱ぎは、朝ドラから3年後の78年の映画『事件』。暗い部屋の中でのベッドシーンで、少し、見せてくれました」(映画ライター)

 大竹が素晴らしいのは、それから15年が経った92年にまた脱ぎ出していることだ。

「10年以上、生まれたままの姿を封印した女優がふたたび脱ぐというのは、非常に少ないケースなんです。その映画、『死んでもいい』では絡みを披露。年下男の求めに応じてしまう恥じらいと緊張の中、徐々に声を荒げてしてしまう様子が実にいやらしい、本気印の名シーンでした。これで脱ぎグセがついたのか、93年には篠山紀信による写真集『闇の光』を発表し、またしても世間を驚かせました。ほとんどのカットで、そのバストの先端は小指の先ほどに硬く起き上がっていたのが印象的でしたね」(芸能記者)

 92年に何があったのかといえば、再婚した明石家さんまとの離婚であった。

「典型的な“離婚脱ぎ”でした。さんまのもとにも写真集が届き、中身を見て『知ってるわ』とツッコミを入れたというエピソードが有名です」(夕刊紙記者)

 女優の考えや行動は、お笑い怪獣の想定を超えてくるのである。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス