芸能

木梨憲武も合流?元「野猿」とユニット結成の石橋貴明への「喝采」と「拒絶」!

 9月17日、とんねるずの石橋貴明がインスタグラムを更新。新ユニットを結成することを発表。これに様々な意見と憶測が飛び交っている。

 石橋は、〈新ユニット“B Pressure”出来たよ!〉と、1998年に「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)のスタッフ11人で結成されたユニット「野猿」のメンバーだったTeru、Kanと並んだアーティスト写真をアップ。同日に開設された公式ホームページでは、10月にお披露目ライブ「サビ落とし」を大阪のライブハウスで開催し、11日1日にシングル「Freeze」を発売することも告知している。

「『野猿』は『Get down』でデビュー後、『叫び』や『Be cool!』などがヒットしましたが、2001年に解散しています。石橋は最近のインスタでもTeru、Kanとの打ち合わせ風景をアップしていたことから、《野猿復活か!》などと期待感が高まっていただけに、今回の結成発表でも《嬉しすぎる!》《すごく楽しみ!》と、ファンからは大喝采があがっていますね」(芸能記者)

 ただし、一方でとんねるず、とりわけ石橋にはアンチが多いことも確かで、〈もうやめとけよ〉といった拒絶感を示す声も出ている。「みなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が昨年3月に終了して以降、石橋が持つ地上波レギュラー番組は同局の「石橋貴明のたいむとんねる」のみの1本で、視聴率も振るわず再三にわたり打ち切り説が流れるほどだ。

「一方、テレビには固執していないとされる相方の木梨憲武は、個展やインスタでの“お仕事シリーズ”などが好評で、音楽活動ではソロデビューが決まっており、独自の路線を着々と歩んでいる。歌唱力でも一般受けの面でも劣る石橋としては、木梨に『B Pressure』に一時的にでも合流してもらい、あわよくば紅白出場でも狙っているとも考えられます。木梨も、とんねるずのライブについては匂わせる発言をしており、可能性は十分にありますよね」(夕刊紙記者)

 20年前、1999年と2000年のNHK紅白に「野猿」は出場を果たしており、石橋としては“夢をもう一度”といったところか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”