芸能

「平清盛」を駆逐!?「いだてん」の興味は最低視聴率独占だけという“末期症状”

 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(NHK)の9月15日回の関東地区の平均視聴率が6.7%を記録。前回から2.1ポイントも大幅にダウンしたことが明らかになった。

 このままのペースで行けば12年放送の「平清盛」の全話平均視聴率12.0%を下回るのは確実。1話あたりの平均視聴率でもぶっちぎりのワーストを記録しそうで、もはや「いだてん」に対する興味は「歴代大河ドラマにおける1話の平均視聴率ワースト10を独占ができるかどうか」だけとなっているような状況だ。

「いだてん」放送前、1話あたりの平均視聴率で最低を記録したのは「平清盛」の第45回、7.3%だった。これは当時、それまでの最低視聴率だった「花の乱」の第20回が記録した10.1%を大きく下回る数値。いだてんが始まるまでは歴代大河ドラマのワースト1だった。

「ところが『いだてん』がスタートすると、早くも第6回にして視聴率ひとケタを出してしまいます。その後は下がる一方で、平清盛の記録を次々と塗り替えてしまいました。第35回が終了した現在、視聴率ワースト10の1位から8位までを『いだてん』が独占しています。9位が『平清盛』で、10位は『いだてん』。このままならワースト10をすべて『いだてん』が占めることになります」(テレビ誌ライター)

「平清盛」の最低視聴率は7.3%。「いだてん」はこの数字を2回下回れば、ワースト10独占が完成する。「いだてん」の放送回数は47で、残りは12回もある。

「ワースト10独占はほぼ確実でしょう。それこそ能年玲奈ことのんを出すといった思い切った手を今すぐ打たないとダメでしょうね。ネットでは、ワースト20独占もあるのではないかとささやかれています」(前出・テレビ誌ライター)

「いだてん」がどこまで記録を更新できるのか、逆に気になってしまう状況なのだ。最後の巻き返しに期待したいところだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
てんちむ、“秘部から液体吹き”についても明かした「ハンパない動画」過激度!
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
石川秀美が松本伊代を圧倒!56歳「バストは現役バリバリ」奇跡の膨らみ
5
「関係を持った女性芸能人は…」M-1芸人の衝撃告白に「スゲェ!」驚愕