芸能

「平清盛」を駆逐!?「いだてん」の興味は最低視聴率独占だけという“末期症状”

 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(NHK)の9月15日回の関東地区の平均視聴率が6.7%を記録。前回から2.1ポイントも大幅にダウンしたことが明らかになった。

 このままのペースで行けば12年放送の「平清盛」の全話平均視聴率12.0%を下回るのは確実。1話あたりの平均視聴率でもぶっちぎりのワーストを記録しそうで、もはや「いだてん」に対する興味は「歴代大河ドラマにおける1話の平均視聴率ワースト10を独占ができるかどうか」だけとなっているような状況だ。

「いだてん」放送前、1話あたりの平均視聴率で最低を記録したのは「平清盛」の第45回、7.3%だった。これは当時、それまでの最低視聴率だった「花の乱」の第20回が記録した10.1%を大きく下回る数値。いだてんが始まるまでは歴代大河ドラマのワースト1だった。

「ところが『いだてん』がスタートすると、早くも第6回にして視聴率ひとケタを出してしまいます。その後は下がる一方で、平清盛の記録を次々と塗り替えてしまいました。第35回が終了した現在、視聴率ワースト10の1位から8位までを『いだてん』が独占しています。9位が『平清盛』で、10位は『いだてん』。このままならワースト10をすべて『いだてん』が占めることになります」(テレビ誌ライター)

「平清盛」の最低視聴率は7.3%。「いだてん」はこの数字を2回下回れば、ワースト10独占が完成する。「いだてん」の放送回数は47で、残りは12回もある。

「ワースト10独占はほぼ確実でしょう。それこそ能年玲奈ことのんを出すといった思い切った手を今すぐ打たないとダメでしょうね。ネットでは、ワースト20独占もあるのではないかとささやかれています」(前出・テレビ誌ライター)

「いだてん」がどこまで記録を更新できるのか、逆に気になってしまう状況なのだ。最後の巻き返しに期待したいところだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
3
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス