芸能

横浜流星、山崎賢人、竹内涼真…アスリート系俳優が席巻する芸能界の裏事情

 大手芸能事務所のスターダストプロモーションが開催した「第1回スター☆オーディション」の最終選考会が、9月16日に都内で行われ、福井県出身の中学2年、酒井大地くんと神奈川県出身の小学6年、渡辺心結さんが初代グランプリに輝いた。

 酒井くんは小学1年からソフトテニスに打ち込み、小学5年時には地元の福井県大会で優勝。一方、渡辺さんは、小学3~5年まで経験した軟式野球で4番・ピッチャーを務めたという。

まだ“原石”の2人だが、どちらもスポーツ経験者という点が共通しており、これについては偶然ではないという見方もある。

「実は最近の若手俳優には、アスリート系が多いんです。スターダストでも、横浜流星が中学時代、極真空手の世界チャンピオン。山崎賢人は小学2年から中学卒業までサッカーのクラブチームに所属し、中学時代はエースナンバー10番を背負っていましたからね」(芸能記者)

 スターダスト以外でも、竹内涼真は高校時代、サッカーの東京ヴェルディユースに所属し、工藤阿須加は高校時代にテニスで千葉県ベスト4で、プロを目指す腕前だったとか。吉沢亮は剣道二段で、中学時代には関東大会で優秀選手に選ばれこともあるという。

「広瀬アリス、すずの姉妹や土屋太鳳、清野菜名など、女優でもスポーツ万能タイプが増えていますが、男優も、すでに“顔が良ければいい”という時代は終わっているとも言えます。限られた枠を競い合う中で、アクションやスポーツものの作品もOKという意味を含め、運動神経がある俳優は舞い込んでくる仕事の幅が広い。つまり事務所側は、演技力や表現力は後回しにしてでも、とにかく即戦力が欲しい傾向にあるとも言えます」(前出・芸能記者)

 今回選ばれた2人も、そうした大人の世界で生き抜いてほしいものだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ