芸能

賞味期限切れ?原田龍二の不貞ネタに「ウンザリ」「またやるだろ」の声続々

 俳優の原田龍二が9月14日、トーク番組「おかべろ」(関西テレビ・関東地区は17日深夜放送)にゲスト出演したが、そこでの発言に冷ややかな見方が広まっている。

 その日の放送では、ズバリ、“4WD不貞の真相を語る”をテーマにトークが展開。原田は今年5月、週刊文春に自身の大型4WD車にファンの女性を乗せ、郊外の公演の脇道に駐車して後部座席で複数回にわたり関係を結んでいたことが報じられ、他の女性とも関係を持っていたことが判明し、会見を開いて謝罪するに至った。

 番組でもそうした経緯が説明され、原田は「その通りです」と改めて謝罪。01年に結婚した元女優の妻と2人の子供に迷惑をかけたとし、「これからのボクの生き方が妻に対する礼儀だと思っているので。一生、執行猶予期間だと思っているんです」と語ったのだが、ネットがザワついたのは、そこからの発言だった。

「次に不貞するようなことがあった時は、『腹も切るし、芸能界も辞めますので』、さらに自身の肉欲の強さについてもカメラ目線で『ゼロにします!』などと言っていました。ただ、一連の発言に、《もういいだろ。言い過ぎでよけいにあやしい》《腹切る覚悟なら誰もやらない》《完全にネタになってるし、またやりそう》など、当初はウケていた不貞ネタにはもう飽き飽きといったものも含め、“懲りずにまたやるだろう”といった声が相次いだんです」(ネットウオッチャー)

 原田は7月に「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)に出演した際も、もう一度不貞したら「芸能界を引退しようと思う」とし、上沼に「女をモノとして性のはけ口やと思ってませんか?」と強烈に突っ込まれている。

「その時には上沼に『これで懲りたということはないと思う。まだ40代でしょ』と見透かされていました。芸能界を辞めるだの切腹するなど、大げさに言うだけ怪しいと思われるのは当然の話。視聴者にはウンザリ感も広がっているだけに、不貞ネタも潮時なのでは」(夕刊紙記者)

 少々オイシかった期間も、そろそろ終了ということか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!