芸能

筆頭・磯山さやか、最寵愛は高嶋香帆…志村けんの最新「喜び組」名簿を公開!

 今月はじめにネットの世界を騒がせた、志村けんのネット誤爆騒動。自身のインスタグラムに、「志村でナイト」(フジテレビ系)に出演するグラドル・高嶋香帆の肌着姿の写真をアップしてしまったのだ。

「彼女は、現在の志村ファミリーの中心的人物。ファミリーの女性タレントたちは、100%が志村の好みによって選ばれていることは有名で、これはコントの演技力やタレントとしての能力よりも、タイプの女性に囲まれて気分よく仕事をすることを志村が最優先しているからに他なりません。それが、彼女たちがバカ殿の“喜び組”と呼ばれる所以です。高嶋は、いまもっとも寵愛を受けている一人ですよ」(放送作家)

 番組や舞台の打ち上げは、マネジャー不在で行われるのがお約束で、そこでは終始目じりを下げ、鼻の下を伸ばした志村のやりたい放題が繰り広げられているという噂もある。

 そんな志村の「喜び組」-他にはどんなメンバーがいるのだろうか。

「筆頭は、バカ殿の腰元役として、もっとも古株になった磯山さやかです。もはやお局といってもいい存在で、いまや、新しく腰元にキャスティングされた女性タレントが志村の次に挨拶に行くようにと、華子や野呂佳代など中堅腰元が礼儀を教えています。また、足立梨花も志村のお気に入りの一人。豊かなバスト好きの志村が小さい胸の足立を気に入った理由については、酒の席でのリアクションの良さともっぱら。さらに、かつてのみひろのポジションには麻美ゆまが座っており、恵比寿マスカッツを牽引してきた彼女の芸達者ぶりを志村は絶賛し、舞台『志村魂』への起用が続いています。加えて、Iカップグラドルの天木じゅんあたりも、気分次第で呼び出せる一人。“身体100点、顔0点”がキャッチフレーズの野々宮ミカも可愛がっているようです」(芸能記者)

 少々メンツのスケールが小さくなっているような気がするが、まだまだ元気な志村。

「千鳥の大悟とノブにバカ殿を譲ることがフジでは内定していると伝わってきますが、志村がなかなか手放さない。一時、健康不安が囁かれましたが、現在は以前と変わらず飲み歩いているようです」(前出・芸能記者)

 最高の人生かよ!

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】