社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<百日咳>「子供の病気が成人に流行する理由」

 小児の疾患が中心の「百日咳」をご存じだろうか。「百日咳菌」という細菌の感染によって起こり、名前のとおり咳が長く続くのが特徴だ。飛沫感染や接触感染により、1週間程度の潜伏期間を経て発症する。

 国立感染症研究所が8月13日に発表したデータによると、今年の「百日咳」累計報告患者数は1万110人に到達。そのうち約3割が成人であることが確認された。

 なぜ大人に増えているかというと、百日咳の予防はワクチン接種のみだが、免疫効果は4~12年で弱まる。乳幼児の罹患率が低下している一方で、免疫が弱まった大人に再流行しているのだ。

 百日咳は風邪と見分けることが難しい。典型的な症状は3つの段階に分けられる。

 まず風邪のような咳やくしゃみが2週間程度続く(カタル期)。その後、コンコンという発作性の激しい咳が連続して2~3週間続く(痙咳期/けいがいき)。しだいに2~3週間程度でおさまってくる(回復期)。

 ただし、これは子供に多い典型的な症状で、大人の場合は咳だけが長く続き、発作的な症状がないことも多いため気づきにくいという。

 咳喘息とも似ている百日咳は、咳の音の違いも見分ける際のポイントになる。喘息の場合は、息を吐く時にヒューヒューゼイゼイいうのに対し、百日咳の場合、息を吸う時にヒューという笛の音のような音が出る。

 診断方法には、菌培養、血清学的検査、遺伝的検査があるが、菌はカタル期後半に検出されることが多いため、医療機関を受診する際には日数がたち、検出できないことも多い。

 治療法は、マクロライド系抗菌薬が用いられるほか、咳の発作には鎮咳去痰剤などが用いられる。

 大人の場合は重症化しにくいとはいえ、大人から子供への感染も深刻な問題となっているため、医療機関の早めの受診をおすすめする。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ