芸能

「新タメ口女王」頂上決戦(1)本田翼と永野芽郁はオヤジを転がす

 秋吉久美子(65)、藤谷美和子(56)、沢尻エリカ(33)──芸能界で脈々と受け継がれる「タメ口女王」の裏歴史。その気難しい性格と個性的なキャラクターが魅力を放ったものだった。だが令和の「新タメ口女王」は一味違う。フランクな態度ながら、その愛らしさに、おじさんたちは一緒に仕事がしたくてしょうがないのだ!

「ライン モ・バ・イ・ル~♪」と歌いながらキレキレのダンスをCMで披露する、女優の本田翼(27)。見た目によらず、新タメ口女王の座に最も近い存在なのだ。芸能記者によれば、

「大御所が相手でも、基本的に敬語は使いません。14年に笑福亭鶴瓶(67)が司会を務める『A-Studio』(TBS系)に出演した時は、『旅行に興味ない、わかる?』『(ドラマの現場に)ねぇ~、なじみたいねぇ』などフレンドリーな発言を連発。鶴瓶から『友達やないからな』とツッコミを入れられていました」

 それでも鶴瓶に怒る様子はなく、番組終盤には「翼は好かれる」と人間性を絶賛するのだった。鶴瓶の態度に、芸能評論家の織田祐二氏も「しかたない」と同意しながらこう話す。

「タメ口は使い方を間違えれば礼儀知らずと批判を浴びますが、あのキュートな瞳に見つめられ、フランクに話しかけられたら、おじさんはメロメロ。何でもOKって感じになっちゃいますよ」

 実際、芸能界の本田ファンは鶴瓶だけではない。17年放送のドラマ「スーパーサラリーマン佐江内氏」(日本テレビ系)にゲスト出演すると、主演の堤真一(55)もあっという間にとりこになった。

「撮影が終わると『御飯食ったー?』と本田さんが声をかけて、『食べてないです』と堤さんがうれしそうに答えていました」(ドラマ関係者)

 もはや芸歴すら超越する本田のタメ口は、テレビマンの間で「いざこざ」の原因になるほどだった。

「ドラマ班のベテランカメラマンは、自分のほうが『キレイに撮れる』と豪語。他の女優よりライティングに時間をかけて、本田をどう美しく撮るのか、お互いに対抗心を燃やしているんです」(ドラマ関係者)

 オヤジを転がしまくっている本田に待ったをかけたのは、18年上半期のNHK朝ドラ「半分、青い。」で主演を務め、ブレイクした女優の永野芽郁(20)。過去にインタビューをした中年ライターが振り返る。

「挨拶もハキハキしていて礼儀正しく、最初は敬語なんです。質問に対しても一生懸命答えてくれるのですが、頭の中で考えているうちに素になってしまうのか、途中からずっとタメ口でした。全然悪意はなく、その無邪気さは毎度のようで、『永野さんにインタビューしたらファンになる』というのは、ライター界隈では定説です」

 意外な趣味もオヤジ心をワシづかみにしていた。

「大型バイクのハーレーダビッドソンに憧れていて、まず中型免許を取得するほどのバイク好き。自動車など乗り物全般にも詳しいので、男性スタッフとは乗り物談議で盛り上がるんです」(ドラマ制作スタッフ)

 タメ口でもオヤジの興味に乗ってくる。これぞ令和女優の奥の手かもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
3
肉体関係トークも原因?フジが「松本人志の元カノ・常盤貴子」をスルーしたワケ
4
ダレノガレ明美、トレ写真で魅せていたバスト渓谷&衝撃「下腹部盛り上がり」!
5
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!