芸能

「新タメ口女王」頂上決戦(1)本田翼と永野芽郁はオヤジを転がす

 秋吉久美子(65)、藤谷美和子(56)、沢尻エリカ(33)──芸能界で脈々と受け継がれる「タメ口女王」の裏歴史。その気難しい性格と個性的なキャラクターが魅力を放ったものだった。だが令和の「新タメ口女王」は一味違う。フランクな態度ながら、その愛らしさに、おじさんたちは一緒に仕事がしたくてしょうがないのだ!

「ライン モ・バ・イ・ル~♪」と歌いながらキレキレのダンスをCMで披露する、女優の本田翼(27)。見た目によらず、新タメ口女王の座に最も近い存在なのだ。芸能記者によれば、

「大御所が相手でも、基本的に敬語は使いません。14年に笑福亭鶴瓶(67)が司会を務める『A-Studio』(TBS系)に出演した時は、『旅行に興味ない、わかる?』『(ドラマの現場に)ねぇ~、なじみたいねぇ』などフレンドリーな発言を連発。鶴瓶から『友達やないからな』とツッコミを入れられていました」

 それでも鶴瓶に怒る様子はなく、番組終盤には「翼は好かれる」と人間性を絶賛するのだった。鶴瓶の態度に、芸能評論家の織田祐二氏も「しかたない」と同意しながらこう話す。

「タメ口は使い方を間違えれば礼儀知らずと批判を浴びますが、あのキュートな瞳に見つめられ、フランクに話しかけられたら、おじさんはメロメロ。何でもOKって感じになっちゃいますよ」

 実際、芸能界の本田ファンは鶴瓶だけではない。17年放送のドラマ「スーパーサラリーマン佐江内氏」(日本テレビ系)にゲスト出演すると、主演の堤真一(55)もあっという間にとりこになった。

「撮影が終わると『御飯食ったー?』と本田さんが声をかけて、『食べてないです』と堤さんがうれしそうに答えていました」(ドラマ関係者)

 もはや芸歴すら超越する本田のタメ口は、テレビマンの間で「いざこざ」の原因になるほどだった。

「ドラマ班のベテランカメラマンは、自分のほうが『キレイに撮れる』と豪語。他の女優よりライティングに時間をかけて、本田をどう美しく撮るのか、お互いに対抗心を燃やしているんです」(ドラマ関係者)

 オヤジを転がしまくっている本田に待ったをかけたのは、18年上半期のNHK朝ドラ「半分、青い。」で主演を務め、ブレイクした女優の永野芽郁(20)。過去にインタビューをした中年ライターが振り返る。

「挨拶もハキハキしていて礼儀正しく、最初は敬語なんです。質問に対しても一生懸命答えてくれるのですが、頭の中で考えているうちに素になってしまうのか、途中からずっとタメ口でした。全然悪意はなく、その無邪気さは毎度のようで、『永野さんにインタビューしたらファンになる』というのは、ライター界隈では定説です」

 意外な趣味もオヤジ心をワシづかみにしていた。

「大型バイクのハーレーダビッドソンに憧れていて、まず中型免許を取得するほどのバイク好き。自動車など乗り物全般にも詳しいので、男性スタッフとは乗り物談議で盛り上がるんです」(ドラマ制作スタッフ)

 タメ口でもオヤジの興味に乗ってくる。これぞ令和女優の奥の手かもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日