エンタメ

伝説のパチプロ集団「梁山泊」25年目の真実(1)梁山泊の権利を譲って大失敗

 25年前、合法的な攻略法を用いて半年間で2億円超を稼ぎ、一世を風靡したパチプロ軍団「梁山泊」。その軍団を率いた元リーダーK氏が令和を迎え、再び動きだした。狙いは「カジノ」だ。「梁山泊」の結成から解散まで初めて明かされる逸話はもとより、“新生梁山泊”の野望をお届けする。

 パチプロ軍団「梁山泊」のリーダーだった私が、なぜ今、インタビューを受けることにしたのか。大きな目的の一つは「カジノ攻略」です。数年後、日本でもカジノが解禁されると聞いて、今、トータルで勝てる攻略法を考えています。

 ただその前に、私の心の中にずっとくすぶり続けている思いがありまして。仕事先などで「あの梁山泊のKさん?」と聞かれても、自信を持って「はい、そうです!」と胸を張れないことです。まずは、そこから話をさせてください。

──

「梁山泊」は94年、攻略プロと呼ばれた男たち18人ほどで結成された。「同じホールには行かない」「混雑時は避けて1日3時間」「儲けたお金は全員で平等に分配する」など、独自の流儀のもと全国を渡り歩き、活動開始から半年間で2億円以上を稼いだスゴ腕集団である。

 しかも、ゴト(違法)行為はいっさい行わず、合法的なテクニックを駆使して大当たりを連発。当時はニュース番組でも報じられたほか、その生きざまが漫画や映画化されるなど、まさに一大センセーションを巻き起こしたのである。

──

 全国制覇を4年間で成し遂げたあと、私はパチンコ攻略会社をスタートさせました。ただ攻略法を会員に販売するだけではなく、パチプロを目指す会員のための道場を作り、パチンコで生計を立ててもらえることを目指していました。

「梁山泊」で得た経験や知識が生き、最盛期には4万5000人ほどの会員がいましたね。そんな生活が5年ぐらい続いた頃、お世話になっていた方から「梁山泊の名前を使わせてくれ」という相談がありました。

 最初はロイヤリティー契約でした。その数年前、「梁山泊」の名前を無断でかたった「ニセ攻略会社」がスポーツ新聞の一面広告で会員を募り、1億5000万円をダマし取る事件が起きていたので、私は常に慎重でした。

 その事件は訴訟を起こし処理しましたが、その後、知人を介して「梁山泊の権利を譲ってほしい」と、とても熱心に頼まれました。私も年齢的に引き際を考えていたこともあって、譲ることにしたのです。ただし「名前を汚すようなことだけはしないでくださいよ」と。

 ところが、権利を譲った先が詐欺師グループだったんです。ウソの攻略法で会員からお金を巻き上げる事件を起こしてしまった。今でも「あの時に私が譲らなければ」という思いが消えません。痛恨の極みです。

 その反省もあって、もう一度「梁山泊」という名前の下で「カジノ攻略」をしてみたいという気持ちになったわけです。言ってみれば、私にとっての集大成ですね。

 パチンコの攻略で得た知識と経験、そして世界BIG2のカジノ都市、ラスベガス、マカオで活動している「グローバルファミリー」という集団の英知を結集して、カジノの攻略を実現させたい。この新生「グローバルファミリー梁山泊」が少しでも一般の皆さんの助けになれないか。今、そんな思いでいます。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった