芸能

「浜田雅功の黒塗り」以下?Aマッソ、「差別ネタ」謝罪も猛批判が止まらない!

 女性お笑いコンビのAマッソが、9月22日に行われたお笑いイベント「思い出野郎Aチーム presents ウルトラ“フリー”ソウルピクニック」で、あるスポーツ選手に対する“差別発言”があったとして、Aマッソと所属事務所のワタナベエンターテインメントが謝罪。これには〈さすがに擁護できない!〉と批判が止まらない。

「イベントを観覧した人によれば、Aマッソは“質問に対して薬局にあるもので答える”という内容の漫才を披露していた際に、村上愛の『大坂なおみ選手に必要なものは?』とのフリに対し加納愛子が『漂白剤』と返したという。これで会場内には笑いよりザワつきが起こり、すぐにSNS上にこの件が報告され、問題が発覚しました」(芸能記者)

 Aマッソは〈笑いと履き違えた、最低な発言であったと今更ながら後悔しています。人前に立つ仕事をする人間として以前に、一人の人間として絶対にあるまじき言動であったと思います〉(加納)、〈ネタでは何でも発言していい、人を傷つけていいなどと思ったことはありませんが、今回の発言でそれをしてしまいました〉(村上)と謝罪コメントを出している。

しかしネット上では今も、〈笑えないどころか怒りを覚える〉〈生まれ持った肌の色を笑うのは絶対にダメ。たぶん謝罪だけでは済まないんじゃないか〉〈攻めた笑いが裏目に出過ぎた〉〈嫌悪感しかない〉など、大バッシングが吹き荒れている状態だ。

「Aマッソはビジュアルも比較的良く、“お笑い第7世代”として霜降り明星らとテレビに出演する機会も増え、今後のブレイクが期待されていますが、今回の件はガッカリとしか言いようがない。一昨年の大晦日に放送された『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス』(日本テレビ系)では、浜田雅功がエディー・マーフィーに扮して肌を黒塗りしただけで世界中から非難されてしまうご時世。まだおもしろければ救いはありますが、あれではちょっと…」(お笑い関係者)

 大ブレイクは遠のいたかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声