芸能

ダウンタウンも冷や汗?西野未姫、アイドル時代のファンへの評価が強烈すぎ!

 AKB48の元メンバーでタレントの西野未姫が9月26日に放送された「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演し、アイドル時代のファンについて語り、話題になっている。

 この日のテーマは「毒舌芸能人SP」。AKB時代に「握手会はゲロ吐くほど嫌い」「AKBのファンは歯が溶けている」、そして、握手会にくるファンは8割が女性との営みが未経験だという意味の暴言で炎上している西野は、「すごく反省しているんですけど、AKB時代どうでしたか? とか、ファンの人はどうでしたか? と聞かれた時、思った通りに私は言ってたんですよ。握手会も『手が疲れちゃって大変でしたと』か、思ったままに言いました。そしたら、どんどん炎上しちゃって。今はとっても反省しています」と発言。

「歯が溶けている」について浜田雅功から説明を求められると、西野は「私と握手しに来る人は歯がとろけちゃってるんですよ」と力説。

 さらにファンの8割が女性経験がないについては、自身の予想だと語った西野は、ファンについてさらに「握手会に来るファンの人って、“フガフガ、シーハーシーハー”。女性に慣れてないからそうなっちゃうのかな」と、ファンを小馬鹿にするようなジェスチャーつきで説明。

 さすがに、女性と未経験とは「限らんやろ」と、とりなす松本人志に対してさらに「彼女持ちの人は『未姫ちゃん、よろしくね』って感じなんですけど、相手がいないだろうなって人は…」と、またも“フガフガ、シーハーシーハー”と顔マネを繰り返し、浜田に止められた。

 ネットでは西野の意見に賛同する声もあるにはあるが、〈西野のファンが減ったのは炎上とかじゃなくて、単に見た目がオバサン化したからだろ(笑)〉とか、ファンあってのAKBなのに、〈小馬鹿にした態度は良くないだろ(笑)〉と突っ込む声、さらには、「西野は下品な感じで苦手」「変に遠慮しないでぶっちゃけてるのは、偽善者ぽくなくていいのでは?」「さすがに浜ちゃんも引くほどのひどい発言だった」、そして、ファンは浮かばれないという内容の意見など、賛否両論が起きている。

「アイドル活動を卒業し、タレントとして芸能界でどう生き残っていくかを模索した時、西野さんが見出したのが今のキャラなんでしょうね。過去のファンを敵に回すようなスタイルは正直、諸刃の剣といえそうですが、元AKBでこのアクの強いキャラクターは貴重ですよ(笑)。意外と生き残るのではと思っていますけどね」(テレビ関係者)

 西野が今後もバラエティ番組で求められるかどうかは、ひとえにこのキャラの強烈ぶりのサジ加減にかかっていそうだ。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」