芸能

ダウンタウンも冷や汗?西野未姫、アイドル時代のファンへの評価が強烈すぎ!

 AKB48の元メンバーでタレントの西野未姫が9月26日に放送された「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演し、アイドル時代のファンについて語り、話題になっている。

 この日のテーマは「毒舌芸能人SP」。AKB時代に「握手会はゲロ吐くほど嫌い」「AKBのファンは歯が溶けている」、そして、握手会にくるファンは8割が女性との営みが未経験だという意味の暴言で炎上している西野は、「すごく反省しているんですけど、AKB時代どうでしたか? とか、ファンの人はどうでしたか? と聞かれた時、思った通りに私は言ってたんですよ。握手会も『手が疲れちゃって大変でしたと』か、思ったままに言いました。そしたら、どんどん炎上しちゃって。今はとっても反省しています」と発言。

「歯が溶けている」について浜田雅功から説明を求められると、西野は「私と握手しに来る人は歯がとろけちゃってるんですよ」と力説。

 さらにファンの8割が女性経験がないについては、自身の予想だと語った西野は、ファンについてさらに「握手会に来るファンの人って、“フガフガ、シーハーシーハー”。女性に慣れてないからそうなっちゃうのかな」と、ファンを小馬鹿にするようなジェスチャーつきで説明。

 さすがに、女性と未経験とは「限らんやろ」と、とりなす松本人志に対してさらに「彼女持ちの人は『未姫ちゃん、よろしくね』って感じなんですけど、相手がいないだろうなって人は…」と、またも“フガフガ、シーハーシーハー”と顔マネを繰り返し、浜田に止められた。

 ネットでは西野の意見に賛同する声もあるにはあるが、〈西野のファンが減ったのは炎上とかじゃなくて、単に見た目がオバサン化したからだろ(笑)〉とか、ファンあってのAKBなのに、〈小馬鹿にした態度は良くないだろ(笑)〉と突っ込む声、さらには、「西野は下品な感じで苦手」「変に遠慮しないでぶっちゃけてるのは、偽善者ぽくなくていいのでは?」「さすがに浜ちゃんも引くほどのひどい発言だった」、そして、ファンは浮かばれないという内容の意見など、賛否両論が起きている。

「アイドル活動を卒業し、タレントとして芸能界でどう生き残っていくかを模索した時、西野さんが見出したのが今のキャラなんでしょうね。過去のファンを敵に回すようなスタイルは正直、諸刃の剣といえそうですが、元AKBでこのアクの強いキャラクターは貴重ですよ(笑)。意外と生き残るのではと思っていますけどね」(テレビ関係者)

 西野が今後もバラエティ番組で求められるかどうかは、ひとえにこのキャラの強烈ぶりのサジ加減にかかっていそうだ。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」