芸能

有名美女「スッポンポン生活」ブームを抉る(3)東京五輪のアンバサダーを務める石原さとみが…

 このところ、石原さとみ(32)にもブラを着けない説が急浮上している。テレビ関係者が言う。

「先日NHKで放送された五輪関連番組で、石原のバストトップがモロに透けてしまう放送事故レベルのアクシデントが発生したとして、大きな話題になっています」

 東京五輪で「聖火リレー公式アンバサダー」を務める石原だが、走る地域を訪れて屋外での収録を行った時のことだ。

「彼女は薄手のシャツで海岸沿いを歩いていましたが、風に吹かれては何度も“ポッチ”が浮かび上がったんです」(テレビ関係者)

 そればかりか、「ブラのラインがまったく見えない」と、業界内が騒然となったという。ほかならぬNHK内でも話題になっていた。

「番組の関係者いわく、『あれでも編集で“ポッチ”を隠したほうなんです』と事実を認めていましたね」(NHK関係者)

 さて、石原のノーブラだが、なんでも、主に屋外や運動中など体を動かすシーンで多く見受けられる。そのせいか、

「来年の五輪聖火ランナーとしても当然、ノーブラで走ると周囲は見込んでいます。彼女の胸ポッチ見たさで沿道に大勢の男が詰めかけるのは間違いない。『ノーブラ聖火ランナー』として五輪の機運を大いに盛り上げることになるでしょうね」(テレビ関係者)

 先日、窪田正孝との結婚を発表した水川あさみ(36)もノーブラ愛好家の一人だった。彼女のこだわりについて、広告代理店関係者が明かす。

「サバサバしたキャラクターで知られる水川ですが、彼女はプライベートでのナチュラル志向がハンパないんです。芸能人らしからぬスッピンで出かけることも頻繁にあり、下着に関しても『天気のいい日はブラジャーをつけない』といった独特の感性で暮らしているそうです」

 水川に多大な影響を受けているのが、大ブレイク中の永野芽郁(20)。9月に成人したばかりだが、水川にならってノーブラ派に転向していた。

「永野は水川を『姉やん』と呼ぶほど慕っていて、水川流ライフスタイルに心酔している。ノーブラについても同様で、模倣するように、その日の気分によってつけないことが多々あるそうです」(広告代理店関係者)

 よもや国民的歌姫・宇多田ヒカル(36)に限って、と思いきや、「下着脱ぎ捨てレコーディング」に励んでいるという声が。レコード会社関係者が語る。

「レコーディングの際は決まってノーブラ・ノーパンなのは音楽業界でよく知られています。なんでも2001年のシングル『traveling』の頃から実践しているそうで、本人いわく『何も着けないほうがいい声が出る』とのことなんです」

 いいことずくめの「スッポンポン生活」を、あなたも満喫してみれば。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」