政治

環境大臣・小泉進次郎を待ち受ける福島原発「裏社会支配」(2)「小泉さんで何が変わるの?」

 この作業員が続けて明かす。

「俺たちがやっているのは、主に汚染水や、建物を解体したあとのガラ(産業廃棄物)の運搬がメイン。解体などで出てきた汚染物質は、原則的に集積場まで運んで一カ所に保管する決まりになっているけど、汚染水に関してはかなり適当なもんだ。解体作業で建屋などにかけた水は、汚染水として処理することになっているんだが、そのへんの草むらにバラ撒いているよ。まぁ、現場を管理するお偉いさんが来た時だけはタンクに集めているけど。ふだんの作業では絶対にやらないな。ガラなんかも同じで、会社から支給されているトラックだと小さすぎて、とてもじゃないけど全てのガラを積載するのは無理なこと。しかも集積場は現場から車で2時間近くかかる遠隔地だから、効率が悪いわな。若いヤツにやらせる分にはいいけど、当然、過積載になるまで積んでるから、警察にバレると切符を切られるでしょ。だからもっぱら重機で穴を掘って地面に埋めちゃうことが多い。若い連中には『なんか悪さをしたらガラと一緒に埋めっぞ』なんてジョークを飛ばすこともあるよ」

 進次郎氏が能天気に発言している足元では、依然として汚染物質が垂れ流しにされているというのである。だが、震災から8年が経過してもなお収束が見えないだけに、作業員のモチベーションもきわめて低い。加えて慢性的な人員不足でモラルも欠如しているという。先の作業員も福島とゆかりの深い進次郎氏の入閣に対して冷ややかだ。

「大臣就任早々、小泉さんがテレビなんかで福島を訪問しているニュースを見たけれど、除染の現場では気にも留めてない。たとえ現場に来たとしても、俺たちの仕事内容が変わるわけでもないし、逆に小泉さんが来たから『何が変わるの?』って聞きたいぐらいだ。せいぜい、お偉いさんは小泉さんが俺たちの現場に視察に来る時にはちゃんと作業するけど(笑)。除染作業の終わりはまったく見えてないよ」

 まさに、福島の現場は、新参者の環境大臣には目もくれずといった按配なのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然