政治

環境大臣・小泉進次郎を待ち受ける福島原発「裏社会支配」(2)「小泉さんで何が変わるの?」

 この作業員が続けて明かす。

「俺たちがやっているのは、主に汚染水や、建物を解体したあとのガラ(産業廃棄物)の運搬がメイン。解体などで出てきた汚染物質は、原則的に集積場まで運んで一カ所に保管する決まりになっているけど、汚染水に関してはかなり適当なもんだ。解体作業で建屋などにかけた水は、汚染水として処理することになっているんだが、そのへんの草むらにバラ撒いているよ。まぁ、現場を管理するお偉いさんが来た時だけはタンクに集めているけど。ふだんの作業では絶対にやらないな。ガラなんかも同じで、会社から支給されているトラックだと小さすぎて、とてもじゃないけど全てのガラを積載するのは無理なこと。しかも集積場は現場から車で2時間近くかかる遠隔地だから、効率が悪いわな。若いヤツにやらせる分にはいいけど、当然、過積載になるまで積んでるから、警察にバレると切符を切られるでしょ。だからもっぱら重機で穴を掘って地面に埋めちゃうことが多い。若い連中には『なんか悪さをしたらガラと一緒に埋めっぞ』なんてジョークを飛ばすこともあるよ」

 進次郎氏が能天気に発言している足元では、依然として汚染物質が垂れ流しにされているというのである。だが、震災から8年が経過してもなお収束が見えないだけに、作業員のモチベーションもきわめて低い。加えて慢性的な人員不足でモラルも欠如しているという。先の作業員も福島とゆかりの深い進次郎氏の入閣に対して冷ややかだ。

「大臣就任早々、小泉さんがテレビなんかで福島を訪問しているニュースを見たけれど、除染の現場では気にも留めてない。たとえ現場に来たとしても、俺たちの仕事内容が変わるわけでもないし、逆に小泉さんが来たから『何が変わるの?』って聞きたいぐらいだ。せいぜい、お偉いさんは小泉さんが俺たちの現場に視察に来る時にはちゃんと作業するけど(笑)。除染作業の終わりはまったく見えてないよ」

 まさに、福島の現場は、新参者の環境大臣には目もくれずといった按配なのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ