芸能

やしきたかじん「ナニワの帝王伝説」(3)大物歌手Mと“兄弟関係”に…

 酒のエピソードには、女性も付き物だ。

 さる芸能プロ関係者が声を潜めて言う。

「たかじんさんは、酒好きだけあって、全国の名だたるクラブに行ったことがあるんですよ。ある時は八戸で一番のクラブで飲んでたんだけど、ママがたかじんさんのお気に入りでね。もちろん体の関係もあった。ところがあとになって、ある大物歌手Mとかぶってたことがわかったりしてね。たかじんさんはMさんとは仲よしだから、笑い話にしていましたけど‥‥」

 そして、今回のガン闘病では、献身的に支える女性の存在が写真誌に撮られたこともあった。3月21日には、京都の祇園のスナックに女性ら数名の知人といるところを一部週刊誌の記者に直撃されたばかり。

 この記事によれば、突然、差出人不明のFAXが編集部に届いた。その手紙に手書きで、「30才年下看病妻と婚約、復帰報告パーティ!!」として、詳細な日時と場所まで記されており、まさにその場所にたかじんが現れたというのである。芸能関係者が内情を明かす。

「その“年下妻”は、昨年、写真誌に撮られた女性と同一人物で、交際中なのは確か。記事では『婚約』と書かれていますけど、結婚は考えていないようです。

 実は、たかじんさんは以前に離婚していて、前の結婚時は十数年も別居していたのに離婚できなくて大変だったので、あらためて再婚するイメージが湧かないそうです。その女性とはつきあいはかなり長いんですが、いつも結婚となると関係が終わってしまうので、大事に思っている分、結婚しない可能性が高いと思います。ただ、病気したことが原因なのか、周囲には『女に弱くなって、あんまりそういう気持ち(性欲)がなくなってる』とこぼしています。病気になると、人恋しくなったり寂しくて弱気になるもんですが、たかじんさんは『女への欲がなくなってるのは寂しい』とも言ってますから、色欲が復活する時が本格復帰になるんじゃないですか」

 完全復活したたかじんの“新たな伝説”誕生が楽しみだ。

 次号ではこれまで数々のトラブルを巻き起こしたこともある、“武闘素顔”に迫る。

(敬称略)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
4
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
5
ファン困惑!竹内結子“夜の営み”を妄想させた5カ月ぶりのインスタ投稿