エンタメ

80年代マンガ&アニメ「一世を風靡したお色気コスプレ“ビッグ4”」

 80年代には男の下半身をワシづかみにするさまざまなセクシーコスプレがあった。ビキニありレオタードありチャイナドレスあり。一世を風靡した「ビッグ4」を、漫画家・杉作J太郎氏がエロ目線でチェック!

 あの「虎柄ビキニ」はいわば、究極のコスプレ。「うる星やつら」のラムちゃんである。一説には、あのセクシーボディはアグネス・ラムに由来するとの説も‥‥。

「確かに当時の感覚で言えば日本人離れしています。ていうか、地球人じゃないですしね(笑)。ただし、彼女の魅力はセクシーかつ積極的であっても淫乱イメージがないこと。まさに二次元ヒロインの優等生です。いまだコスプレ人気もありますが、外国人のほうが似合うというのはご愛敬」

 二番手は「キャッツ アイ」(北条司・作)の来生三姉妹。主人公格の次女・瞳のロング黒髪とレオタードが醸し出す色気は突出していた。

「胸元の開いたレオタードで外出するという非現実感がすばらしい。しかも泥棒だからどこか緊張感があり、それが露出プレイ妄想すらかき立ててくれる。松尾嘉代など、のちに2時間ドラマでレオタード女性がよく登場するようになるのは来生三姉妹の影響大じゃないですか。ついでに言えば、僕の中では、レオタード=やらせてくれる女、です」

 一転して清純派路線は、根強い人気を誇るアニメ「超時空要塞マクロス」(美樹本晴彦・作)のリン・ミンメイ。声優も務めた飯島真理の劇中主題歌が大ヒットしたことも印象的だが、

「作品中のヒロインの歌が現実にもヒットする。いわばメディアミックスの先駆けですよね。ミンメイはあくまでアイドルなので、清楚。バストも80センチくらいの設定だったと思います。チャイナドレスっていうのがまたいい。清純派、もっといえば、処女のコの精いっぱいのセクシー表現がチャイナドレスなんです。逆にふしだらな女や、巨乳だけどただれた生活を送っている女子のチャイナドレスなんて、見たくもない」

 ビッグ4の最後は、小説から生まれ、アメコミにもなったSF作家・高千穂遙氏の名作「ダーティペア」。超ショートパンツと胸元全開のトップは衝撃のひと言だ。

「短髪のコがいるでしょ(ケイ。B91の超絶ボディ)? あのキャラが象徴的ですが、80年代の攻撃的女子気質をよく表しています。ショートパンツとブラ、そして大胆にヘソ出し‥‥いいですねぇ。それと、アクションもできるというのがミソ。それまで巨乳のコは少し天然というか、あまり敏捷じゃないイメージがありましたから。あの作品以降、特に女子プロレスで同様のコスチュームがはやるようになったのは偶然じゃないと思います」

 最後に杉作氏は、個人的嗜好を次のようにぶつけた。

「『めぞん一刻』の響子さん。エプロンがコスプレかどうかはわかりませんが(笑)、バツイチ、処女じゃない。過去があってもいいじゃないか、という80年代気風の代表例です」

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
2
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱
5
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由