芸能

「ドクターX」で上白石萌歌が魅せた“輝く若さ”に「次期朝ドラ主役に!」の声

 10月22日に放送された「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の第2話の平均視聴率は19.0%。前回に比べ1%ほど落ちたが、今期のドラマ陣での単独トップは揺るがない。

 しかし、ネットでは、新シリーズに対する厳しい意見が尽きない。米倉に対して〈偉そう、下品、上司へのものの言い方、道徳なし〉〈職人肌のフリーランスだったはずが、ただのわがまま女医に見えて仕方ない〉さらに、〈何だか、脚本的に揺れています。撮影の途中、方向性の変更、修正があったのでしょうかね〉といった声まで。どうやら、ストーリー展開が前作までよりも雑で、米倉演じる大門未知子もゴーマンに描かれすぎなどという指摘のようだ。もっとも、ご都合主義のストーリーや、大門の豪快な性格こそドラマの持ち味なのだが、さすがに第6シリーズとあって、若干飽きが来ている面もあるということかもしれない。

 さて、そんな2話は、「ドクターX」シリーズでは非常に珍しい恋愛が絡んだ話で、視聴率にはそれが奏功していたのかもしれないという。芸能ライターが言う。

「肝臓の病気を抱えて東帝大学病院に入院した大資産家に結婚を反対されていた娘役に、ここのところ連ドラへの出演が途切れず、NHK大河『いだてん』での健康的な水着姿で男性に魅了したばかりの上白石萌歌。彼女の、病気を抱えている彼氏を、前作のNHK朝ドラ『なつぞら』で、主演の広瀬すず扮する奥原なつの朴訥とした兄役で女性ファンをキュンキュンさせた清原翔が演じています。清原は、今期も、本田翼主演の深夜枠のドラマ『CHEATチート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』(日テレ系)にレギュラー出演していて、まさに成長株の2人が出演した形ですが、ネット上の声は上白石への期待と声援が目立ちましたね。《上白石萌歌出るんか!大好きー》《上白石姉妹も次世代朝ドラヒロイン候補かな。どっちかが…。「いだてん」の上白石萌歌ちゃんが一歩リードか?》といったもので、やはり『いだてん』での役作りのために増量をしたという、はちきれんばかりのピチピチのモチ肌ほっぺをはじめとした上白石の若さの魅力が光っていましたね。今回の『ドクター』は彼女に救われたところも多いんじゃないでしょうか」

 一方の米倉には、ネット上では、低髄液圧症候群で「ドクターX」出演が危ぶまれたことを告白したばかりということで、体調を気遣う声も見られた。上白石が健康的な印象が目立っただけに、米倉には病気を乗り越えたことで得られたものを生かした、もう一皮むけた魅力を放っていただきたいものだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?