芸能

「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!

 10月から始まった、時効が成立した未解決事件ばかりを趣味で追う警察官を描いた「時効警察始めました」(テレビ朝日系)。人気シリーズの12年ぶりの復活に期待値は高かったのだが、視聴率はイマイチの状態が続いており、その原因として、ドラマ関係者の間では吉岡里帆の名が挙がっているという。

「スタートこそ7.7%と金曜夜11時からの番組としてはまずまずでしたが、その後はジリ貧。11月8日の第4回の放送は4.9%にまで落ちてしまいました。そんななか、1、2シリーズは中心となる出演者は変わりませんでしたが、今回の3シーズン目で新人刑事・彩雲真天として加わったのが吉岡。もともと、このドラマはオダギリジョー演じる霧山修一朗や三日月しずか役の麻生久美子を中心に、他局や映画をパクって茶化したり、レギュラー陣のダジャレ連発など、推理とギャグが絶妙に噛み合うことで成り立っていた。そこに吉岡の色がどうも馴染んでいない。掛け合いの中に吉岡がオーバーリアクションで入るシーンが多いのですが、観ている側としては何か無理矢理感があり、リズムが崩れるように感じてしまうというんです」(テレビ雑誌編集者)

 吉岡といえば、昨年1月の「きみが心に棲みついた」(TBS系)で待望の連ドラ初主演を果たしたが、結果は全話平均視聴率7.7%と惨敗。続いてこちらも主演を務めた「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)も散々で、《主役はもう無理だろ》とネットでも酷評された。

「『時効警察』シリーズはオダギリジョーが主演なだけに、当然、女性ファンの固定された視聴者が多くいます。その一方で吉岡は、男性ウケはいいが、女性誌での“嫌いな女優ランキング”で、松岡茉優、土屋太鳳と並んで上位に食い込んでくるほど女性ウケが非常に悪い。理由はCMで見せるキャラの“あざとさ”などのようですが、このまま1、2シリーズでは当たり前だった二ケタの視聴率が取れないとなると、吉岡への風当たりはかなり強くなりそうです」(前出・テレビ雑誌編集者)

 吉岡の出演が視聴率に響いているとすれば、それはそれで影響力の強さに感服だが…。

(津田昌平)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス