芸能

綾瀬はるかも困惑?「奥様は、取り扱い注意」映画版に視聴者が猛反発のワケ

 11月11日配信の「デイリー新潮」が、17年に放送された綾瀬はるか主演のドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)の、劇場版(20年6月公開予定)に関する情報を掲載した。同ドラマは映画化にあたり、スタッフが総入れ替えされるという。

「記事によれば、通常、ヒットしたドラマが映画化される場合、主要スタッフが変わることはないそうです。にもかかわらず『奥様は──』は、ドラマ版の脚本家・金城一紀氏だけでなく、『家政婦のミタ』(日本テレビ系)の監督で知られる演出家・猪股隆一、さらにドラマプロデューサーまでもが、映画でごっそり替えられているとのこと。これには他のドラマ関係者も驚いているそうです」(テレビ誌記者)

 そんなドラマ版スタッフの中でも脚本家の金城氏は、過去に「SP 警視庁警備部警護課第四係」(フジテレビ系)や「BORDER」(テレビ朝日系)など、骨太なハードボイルド作品を手がけ、ドラマファンから熱狂的な支持を得ている。それだけに今回の変更には、SNSで猛反発する声が殺到しているという。

「ドラマの最終回では、西島秀俊演じる夫が、綾瀬演じる妻に拳銃を突きつける衝撃のシーンで終了したため、金城氏の執筆する“その後の展開”を楽しみにする視聴者が多くいました。しかし映画では、金城氏でなく、過去に『近キョリ恋愛』や『オオカミ少女と黒王子』などベタベタな恋愛映画を手がけた脚本家に変更されることで、別モノになる可能性が浮上。これにはドラマファンから『映画版の脚本家、金城氏の作風と真逆じゃん!』『クオリティ下がりそうだから、お金払ってまで見るか迷う』『脚本が金城さんじゃないなんて、わざわざ映画化する意味があるの?』と批判が殺到しています」(前出・テレビ誌記者)

 スタッフ総入れ替えの理由については明らかになっていないが、これには主演の綾瀬も困惑しているかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
2
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」