芸能

丸山桂里奈「夜のストライカー」伝説(1)業界では「フェイクブス」の見方が定説

 2011年サッカー女子W杯準々決勝で決勝ゴールを叩き込み、なでしこジャパンの優勝に貢献した美人ストライカーは、今やすっかり人気タレントに。レッドカードも恐れないぶっちゃけトークを武器にバラエティーで爆笑ゴールを量産する裏には、日本代表クラスのムラムラ欲求が隠されていた。

「スタジオの裏でいきなり後ろからギューッと抱きしめられて仰天しましたよ。元アスリートだけにパワーがあって、なかなか逃れられない。聞けば『被害者』は他にもたくさんいて、気に入った共演者にも抱きつくクセがあるとか」

 バラエティー番組のスタッフが明かすのは、丸山桂里奈(36)のエロ素顔だ。バックからの急襲となれば、逆セクハラで大問題にも発展しかねないが‥‥。

「天然そうに見えて、きちんと相手を選んでいるんです。大御所のタレントさんやスポンサー関係者ら問題になりそうな人物はターゲットから除外しているそうです。また、丸山は共演したタレントに手紙を書くことで有名ですが、前もって『背後に注意してください』と、テロ予告とも取れる一文を入れているので、シャレで済んでいるのかもしれませんね」(スタッフ)

 そんな丸山は昨年には198本もの番組に出演し、同年の「2018ブレイクタレントランキング」(ニホンモニター調べ)で3位に食い込んだ。その勢いは今年に入っても衰えず、テレビで見ない日はないほど。

 芸能評論家の三杉武氏が人気の秘密を分析する。

「気さくなキャラクターはもちろん、なでしこジャパンで国民栄誉賞を獲得したエリートアスリートにもかかわらず、偉ぶることなく、どんな仕事も引き受ける器の大きさがブレイクにつながったのではないでしょうか。下ネタ発言も丸山が言うと、それほどドぎつく聞こえないため、女性ウケもいい。年末年始のバラエティー特番のキャスティング会議では『天然枠』で真っ先に名前が挙がるそうです」

 テレビではおバカな天然キャラでも、男性スタッフからモテまくりの一面も。若手放送作家が証言する。

「業界では『フェイクブス』という見方が定説になっています。打ち合わせや局入りする際に見かけると、めちゃくちゃ美人で、モデルと見間違うほど。つまり、テレビではわざと不細工なメイクでブスに偽装しているんです。もしも業界で『隠れ美女タレント』のアンケートを取ったら、大久保佳代子(48)と1、2位を争うことになりそう」

 モテモテぶりに拍車をかけているのが、丸山のあけすけな性豪伝説だ。

 17年11月15日に放送されたバラエティー「良かれと思って!」(フジテレビ系)では、飲み会に出席した丸山の隠し撮り映像を公開。そこではなんと、酒の勢いも手伝って、過去に交際した有名人とのセックスを暴露し始めたのだ。実名はピー音で伏せられたが、

「ただの性欲オバケだった。(セックスが)4時間とかだったんですよ。昼に‥‥明るいじゃないですか。最終的にイッたら夜。あっちが求めてくるから‥‥」

 と長時間に及んだ性行為を告白。昼間から挿れっぱなしとは驚きだが、さらに相手の絶倫ぶりについてこう続けたのだ。

「ひと晩に4回とか、怖くないですか。ちょっと寝て、すぐみたいな。多少の股関節痛はありましたけど」

 そんな絶倫男性の相手を時間も忘れて務め上げた丸山もまた、スタミナ抜群の「性欲オバケ」かもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策