女子アナ

百花繚乱!アイドル・女子アナ・スポーツ選手…2019年を盛り上げた豊かなバスト!

 2019年も残すところ1カ月を切り、あわただしいラストスパートの季節となった。しかし、そんな今こそ心を落ち着けて、この1年にボクらの男心と下心をざわつかせた“爆裂バスト”の有名人を振り返るべきではないだろうか。

 豊かな形のよいバストの下側を堂々と肌見せしたカットで世の男性をドギマギさせ、大評判となっているのがフリーアナウンサーの田中みな実だ。

「カラダのケアには月に30万円以上をつぎ込むというだけあって、写真集の美しさは発売前から高い評価を受けています。ボディメイクトレーナーや美容系の医者、サプリメーカーの専門家などが集って食事をしながら美バストや美ボディの情報交換をする“サミット”にも参加しているそうで、その美貌と意識の高さは女性からも熱い支持を受けています。そのたゆまぬ努力こそ、芸能界の『豊満バストランキング』の1位に相応しいと言えるでしょう」(女性誌記者)

 芸能界は結婚ラッシュだが、田中のバストは誰か特定の男性のものではなく、いつまでも「み~んなの」バストであってほしいものだ。

 そのテクニックはもちろん、あふれる笑顔と大きく健康的なバストで世のオジサマたちを魅了したのが、女子プロゴルファーの渋野日向子選手だ。

「12月1日に放送された、渋野選手の賞金女王がかかった『LPGAツアー選手権リコー杯』最終日は、今シーズンのゴルフ中継で最高の視聴率を叩き出すほど注目されていました。彼女のプレイはもちろん、躍動するバストも大いに注目されており、すでにネット上では“ひなパイ”なる名称もあがっています」(週刊誌記者)

 来季は渋野選手のさらなる飛躍を期待しつつ、次なる豊満バストの選手にもぜひ出てきてほしいものだ。

 11月28日、自身のインスタグラムに、大好きなサーフィンをしに行った時のものと思われる水着姿を披露したのが、女優の深田恭子だ。

「この画像には『美しい』『かわいい』『スタイル抜群』など、様々な言葉を尽くした称賛の声が集まっています。11月に37歳を迎えた深田ですが、今年は連ドラの主演を務め、8社のCMに出演。交際中の不動産会社会長とは結婚間近と報じられ、公私ともに順風満帆と言えるでしょう」(芸能ライター)

 2020年には、幸せで胸いっぱいの深田が見られるかも?

 発売中の「アサ芸シークレットVol.61」では、グラドル、女優から女子アナ、スポーツ選手など、幅広いジャンルから豊満バスト美女100人でランキングを作成。田中みな実は栄えある1位、渋野日向子は6位、深田恭子は7位にランクインしている。バスト自慢美女の艶やかな姿をぜひご覧あれ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題