女子アナ

百花繚乱!アイドル・女子アナ・スポーツ選手…2019年を盛り上げた豊かなバスト!

 2019年も残すところ1カ月を切り、あわただしいラストスパートの季節となった。しかし、そんな今こそ心を落ち着けて、この1年にボクらの男心と下心をざわつかせた“爆裂バスト”の有名人を振り返るべきではないだろうか。

 豊かな形のよいバストの下側を堂々と肌見せしたカットで世の男性をドギマギさせ、大評判となっているのがフリーアナウンサーの田中みな実だ。

「カラダのケアには月に30万円以上をつぎ込むというだけあって、写真集の美しさは発売前から高い評価を受けています。ボディメイクトレーナーや美容系の医者、サプリメーカーの専門家などが集って食事をしながら美バストや美ボディの情報交換をする“サミット”にも参加しているそうで、その美貌と意識の高さは女性からも熱い支持を受けています。そのたゆまぬ努力こそ、芸能界の『豊満バストランキング』の1位に相応しいと言えるでしょう」(女性誌記者)

 芸能界は結婚ラッシュだが、田中のバストは誰か特定の男性のものではなく、いつまでも「み~んなの」バストであってほしいものだ。

 そのテクニックはもちろん、あふれる笑顔と大きく健康的なバストで世のオジサマたちを魅了したのが、女子プロゴルファーの渋野日向子選手だ。

「12月1日に放送された、渋野選手の賞金女王がかかった『LPGAツアー選手権リコー杯』最終日は、今シーズンのゴルフ中継で最高の視聴率を叩き出すほど注目されていました。彼女のプレイはもちろん、躍動するバストも大いに注目されており、すでにネット上では“ひなパイ”なる名称もあがっています」(週刊誌記者)

 来季は渋野選手のさらなる飛躍を期待しつつ、次なる豊満バストの選手にもぜひ出てきてほしいものだ。

 11月28日、自身のインスタグラムに、大好きなサーフィンをしに行った時のものと思われる水着姿を披露したのが、女優の深田恭子だ。

「この画像には『美しい』『かわいい』『スタイル抜群』など、様々な言葉を尽くした称賛の声が集まっています。11月に37歳を迎えた深田ですが、今年は連ドラの主演を務め、8社のCMに出演。交際中の不動産会社会長とは結婚間近と報じられ、公私ともに順風満帆と言えるでしょう」(芸能ライター)

 2020年には、幸せで胸いっぱいの深田が見られるかも?

 発売中の「アサ芸シークレットVol.61」では、グラドル、女優から女子アナ、スポーツ選手など、幅広いジャンルから豊満バスト美女100人でランキングを作成。田中みな実は栄えある1位、渋野日向子は6位、深田恭子は7位にランクインしている。バスト自慢美女の艶やかな姿をぜひご覧あれ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」