芸能

降板求める声も!欅坂46菅井友香の「胸揉んでやる」つぶやいた共演者に猛批判

 現実を頑張って受け止めようとしていたファンにとっては耐え難いツイートであることは間違いない。

 欅坂46の菅井友香(24)の初主演舞台「飛龍伝2020」(1月30日上演)に出演する俳優の須藤公一(41)が、同舞台の宣伝ツイートをしたものの、その内容が不適切なものであったため、大炎上する事態へと発展している。

 同舞台はヒロインが男性演者とキスをしたり、胸を揉まれる過激シーンがある事でも有名な舞台で、人気アイドルの菅井も歴代ヒロイン同様に体当たりで挑むことがスポーツ紙などで報じられていた。

 共演の須藤も宣伝のつもりでツイッターにて、スポーツ紙の記事をリツイートしたうえで、〈よし!!キスして、胸揉んでやるゼァッ!〉と投稿している。

 しかし、この過激な投稿に欅坂ファンが怒らないわけがない。

「お嬢様育ちで清楚系美女の菅井が同舞台に出演するというだけでファンはピリピリしており、どうにか菅井を応援しようと気持ちの整理をしていた中での空気が読めなさすぎるツイートですから、ファンは大激怒。ふだんの須藤のツイートはコメントが10件あるかないかぐらいのレベルですが、今回の投稿に対しての批判コメントは2000件を超えており、大炎上となっています」(アイドル誌ライター)

 須藤はすでに当該ツイートを削除。謝罪文を掲載したツイートで当初より菅井と身体的接触のあるシーンがなかったと説明しているが、欅坂ファンの怒りは未だ収まらず。「これって立派なハラスメントですよね」「菅井さんが可哀想。こんな人と共演したくないでしょ」「ただただ不快です。この人を降板させてください」など、須藤の降板を求める声も殺到するほどだ。

「須藤はこのようなツイートをした理由については《私の勝手な思い込み、浅はかな考えで、緊張をほぐし、菅井友香さん大歓迎というつもりでつぶやいた》と釈明していますが、れっきとしたお嬢様の菅井がこのツイートを見たところで緊張がほぐれるわけもなく、むしろドン引きしてしまうのは間違いないはずです。また、須藤は問題ツイートをした同じ日にキャバクラに行き、アフターして朝帰りしたことを報告していることもあって、欅坂ファンは好き者のおじさんというイメージを須藤に抱いていることもあって、より菅井が心配になってしまったようですね」(エンタメ誌ライター)

 典型的なおじさんのジョークツイートではあったが、さすがに清楚系アイドルに対してそれはまずかった。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
2
人気女子アナ「ガチ“豊満バスト”番付」9月場所(3)フジ・渡邊渚は大学時代から注目を集めていた
3
マギー、「バストのふくらみ丸わかり」ボディースーツ横胸ショットの“艶度”
4
ぽっちゃり隠し?本田翼の衣装に騒然!「妊娠の憶測」まで飛び出す異常事態
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)