芸能

やっぱりHuluか!「ニッポンノワール」の“バッドエンド”に視聴者が激怒!!

 やはり「続きはHuluで」だった…。12月15日に最終回を迎えたドラマ「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」(日本テレビ系)のラストシーンに、視聴者からの怒りが噴出しているようだ。

 最終回では警察の地下組織であるニッポンノワールの黒幕が、主人公・遊佐清春刑事(賀来賢人)の後輩である名越時生刑事(工藤阿須加)だったことが判明。その名越は清春と同様に人体改造プログラムを受けており、二人が超人的なパワーで闘う格闘シーンが描かれた。

「名越が黒幕だということは考察好きの視聴者から予想されていたことで、そこに驚きはありません。しかも超人化されていることを除けば一介の刑事に過ぎない名越が、ニッポンノワールを率いていた元警察庁長官らを殺害して組織を乗っ取るというストーリーにも無理がありました。風呂敷を広げたわりには単なる殴り合いで決着するという格闘マンガもびっくりの浅さに加えて、やっと幸せを手に入れた清春が最後に死を迎えるというラストシーンには、視聴者から困惑と怒りの声があがったのも当然でしょう」(テレビ誌ライター)

 ラストシーンでは自室の外に出た清春が何者かに襲われ、三発の銃弾で打ち抜かれたかのような血痕を残して、床に崩れ落ちる場面が描かれた。指先をわずかに動かしながら「笑えねえ」との決めゼリフを残す姿には、〈実は超人化のおかげで死んでいないのでは?〉〈ニッポンノワールの残党から行方をくらますための芝居だろう〉といった考察が続出。いずれにしても釈然としない終わり方だったが、それ以上に視聴者をイラつかせているのが、日本テレビのドラマではおなじみとなった「続きはHuluで」だったのである。

 最終回の本編終了後にはさっそく、日本テレビの有料動画配信サイト「Hulu」への誘導がスタート。黒幕・名越刑事の視点で事件の背後を説明するHuluオリジナルストーリー「ニッポンノワール -刑事N・Uの告白-」が配信されるというものだ。ここで噴出した視聴者の反応について、前出のテレビ誌ライターが続ける。

「視聴者から《せっかく全話見たのに台無し》《それなら最初っから全話Huluで配信しろ!》との批判が続出したのも当然でしょう。中には《もう日テレのドラマは見たくない》との声まで挙がる始末です。しかもHuluの番外編を観た人からは《これ見ても解決しないよ》と、ラストシーンの謎解きはなかったとの報告も。視聴者が置いてけぼりのままの脚本に対して、猛批判が渦巻くのも無理はありません」

 せっかく全10話を完走したのに、最後の最後で清春の死という謎が残ってしまった脚本に、多くの視聴者が〈笑えねえな〉とつぶやいているのではないか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?