スポーツ

「第4代山の神」を争う激戦は必至!第96回箱根駅伝は「往路5区」を見逃すな

 毎年1月2.3日に行われ、日本中を熱狂させる「箱根駅伝」こと東京箱根間往復大学駅伝競走が、いよいよ開催直前まで迫ってきた。令和初のレースとなる第96回大会の王者争いも、激戦必至の様相を帯びている。

 東洋大の元監督・佐藤尚氏がまず2日・往路の見どころを解説する。

「やはり、山登りの5区ですね。例年になくハイレベルで楽しみです。前回、区間賞だった國學院・浦野雄平(4年)、24秒差で区間2位の東海・西田壮志(3年)がいて、法政には前回こそ3位だったものの、その前年には区間新記録を樹立した青木涼真(4年)が今回も健在。安定感なら1番でしょう。駒澤にしても前回5位の伊東颯汰(3年)がいて、今井正人(順天堂大)、柏原竜二(東洋大)、神野大地(青学大)に続く、『第4代山の神』の襲名を狙うスペシャリストが名を連ねています」

 強豪校の中では青学大だけが不安視されている。2年連続で5区を任せられた竹石尚人(4年)が16人のメンバーからこぼれてしまったからだ。だが、あるスポーツライターは語る。

「心配ないでしょう。実際に選手層は分厚く、1万メートル上位10人の平均タイムはトップです(別掲の表を参照)。竹石の替わりは4年の吉田祐也が有力。18年に3大駅伝初出場の全日本5区で区間賞だった実力者で、今季も好調です」

 そしてもう1人、意外な名前が5区を沸かせるかもしれない。

「日大のC・ドゥング(1年)です。関東インカレ2019のハーフマラソンで優勝しているだけに、日本人の長距離ナンバワーワンの東洋大・相澤晃(4年)との『花の2区』対決が予想されているが、本人は『坂は得意です。5区を走ってみたい』と話していて、サプライズ投入の可能性が残っている」(スポーツ紙デスク)

 12月24日発売の週刊アサヒ芸能1月2・9日合併特大号では、さらに深く選手・チーム・周辺情報を詳報。さらに箱根駅伝を楽しめる特集となっている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
2
やることがイケメン過ぎ! King Gnu井口理に日向坂46ファンから感謝の声殺到
3
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
4
「新番組発表」とんねるず石橋貴明、TVレギュラーが消えたとしても困らぬ理由!
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃