女子アナ

女子アナ、「最強パーツ美人」をヒップ・胸・股など5部門で欲望ランキング化!

 テレビ画面の片隅でひっそり色香を添えるのが女子アナの本分。とはいえ、最近の女子アナは、モデル、アイドル、キャンパスクイーンの肩書きを持つ粒そろいの美女ばかり。バストやヒップなど体のあらゆるパーツから色香を漂わせているのだ。

そこで読者アンケートをもとに、女子アナ好き評論家たちが思わず艶っぽくて「いいね!」を押したポイントをパーツ別に集計。ランキング化したところ‥‥。

「ヒップ部門」はいずれ劣らぬムッチリ尻の博覧会となったが、中でも芸能評論家の織田祐二氏が推すのは5位のテレビ東京・相内優香アナ。何でも、「三十路を超えた今も『WBS』のレポートで体を張っているのがスゴイ。10月放送の特番『池上ワールド 池上彰の現代史を歩く』では救助訓練レポートで消防士に背負われ」て、どっかりヒップを猛烈アピールしたとのことで、織田氏は、こんな巨大ヒップに「敷かれてみたい‥‥」との願望を明かしてくれた。

 その先輩格の大橋未歩(フリー)は巨胸アナとして名高いが、芸能レポーターは異論をはさむ。

「番組アシスタントを務める『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、ヒップだけは『肌が荒れないんですよ。頬とかに皮膚を移植したいと思うぐらい』と強調し、ヒップだけは『大丈夫です。胸が嫌い』ともかたり、ヒップは出したいくらいだと猛烈アピール。オファーがあればグラビアで美ヒップショットを披露してくれそう」

 その意気を買い、四十路を超えて、ヒップ部門3位でエントリー。

 そして堂々の1位は、日本テレビの滝菜月アナである。

 女子アナウォッチャの丸山大次郎氏が太鼓判を押す。

滝アナは、新人時代からBS番組でミニ丈のスカ姿のパンティのチラっと見えをたびたび提供していたと指摘する丸山氏は、

「『ヒルナンデス!』ではジャージ姿で農作業に勤しみ、練馬大根を引っこ抜くシーンでは、圧巻のどっしりヒップを見せつけています」

 12月24日発売の「週刊アサヒ芸能」では、この「美ヒップ部門」に加えて、「美胸」「美唇」などの5部門で女子アナのパーツ美女を表彰している。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「全裸監督」に続く!?松本まりか主演“前貼りなし”過激作品に期待の声
2
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
3
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
4
広瀬すず、「“バスト突出”タンクトップ姿」で飛び交ったファンの期待!
5
テレ朝・森川夕貴、「夕方の顔」でバストより注目の“テーブル下”下半身ゾーン