芸能

今田耕司、「新しい地図」と吉本の“共演NG問題”に斬り込み称賛の嵐!

 1月1日、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾がMCを務めるバラエティ番組「7.2 新しい別の窓 #22 元日SP」(Abema TV)が放送された。同番組のゲストとして、今田耕司が登場し注目を集めたという。

「『新しい別の窓』は17年に放送を開始しましたが、当初、多数の芸人が集まるバラエティ企画に、吉本興業だけが参加していなかったため、共演NG説が飛び交うことに。ですが昨年9月、番組のゲストに品川庄司・品川祐が出演。そして今回は、地上波で冠番組を持つ大物芸人・今田耕司がスペシャルゲストとして登場したことで、ファンを驚かせました」(テレビ誌記者)

 そんな今田は今回、人気企画「ホンネトーク」に登場し、「(新しい地図と)吉本絡んでなかったじゃないですか?あれは何?オレが聞くのも何やけど、カラクリあったの?吉本絡めないみたいなことあったの?」 

 と、3人に対し生放送で斬り込んだのである。

 すると香取は、「あったんじゃないですか…?」とコメント。これに今田は「そうなんや! オレは『最初のやつも出るで!』って言ったんだけど、なくなったんや!」と、当初から同番組の出演を熱望していたことを明かした。

 さらにトーク中、今田は3人に地上波番組への出演オファーをしたという。

「今田は、3人が昨年末にダウンタウンと共演したことで、業界の流れが変わっていくと予想しており、『だからもし(吉本の)旧体制で何かあったとしたら、2019年、中がだいぶ変わったので。だから、これから(ダウンタウン)DX出たりとかあるんじゃないの?(今田がMCを務める『アナザースカイ』にも)来てよ!』と出演オファー。さらに『それで2020年、(番組出演が)もし、なかなか実現せえへんかったら、何かここじゃない力が働いたか…。どこかの誰かがでしょうね(略)ここで言うたら実現しない理由はないわけやから』と話しました。今田は、あえて公開生放送で約束を取り付けることで、巷で噂される圧力や忖度を牽制し、3人をふたたび地上波に戻そうとしたのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 このトークに対し、視聴者からは「芸能界の闇に斬りこむ今田さん凄すぎる!」「一番聞いてほしいこと聞いてくれた」「今田耕司、うまいな。もうこれでテレビ局が3人を無視できなくなった」と称賛する声が殺到した。はたして今年、3人は地上波番組への本格復帰を果たせるだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え