芸能

馬場ふみか、「ねぇ先生、知らないの?」ベッドカラミで視聴者が悶々としたワケ!

 モデルでグラビアもこなす女優・馬場ふみかが主演を務める「ねぇ先生、知らないの?」(毎日放送)が、動画配信サービスTVerで再生回数が4話目までトップテン入りして健闘している。

 馬場演じる漫画家の青井華は、恋愛ものの作品ばかりを描いているにもかかわらず、実はいまだ男性未経験。そんな華が、締め切り明けに「とにかく頭を洗ってほしい」と飛び込んだ美容院で担当についた赤楚衛二演じる城戸理一にひと目ぼれされて交際が始まる。と、ここまでは女性向けコミックにありがちな王道の展開だ。ドラマ事情に詳しいライターがこう話す。

「このストーリーの斬新なところは、華が仕事の締め切り前になると、携帯の電源を切るのは当たり前。さらに理一からのメールが来ても平気で既読スルーしたまま何時間も放置…と、通常の男女の付き合いにありがちなパターンとは逆なところ。そのうえ仕事大好き人間の華は徹夜を続け、2~3日風呂に入らないこともザラ。女性としては、“かなりイタい”華を、彼氏の理一は、怒るどころかいつでも優しく見守りひたすら待ち、さらに《いつでも綺麗にしてあげる》と言って、“癒やし”を提供。このあたりの“都合の良い男ぶり”が、コミカル色も入り混じってクスリと笑えるんです」

 もちろん、2人のキスやハグするシーンはもちろん、ベッド上でのシーンも頻繁に出てくる。しかし、

「4話目までを見る限りでは、ベッドに2人で倒れこみ、“いざ”という段階で華がコクリと眠りに落ちてしまう…と“匂わせ”で終了。これには、馬場の童顔で小顔、華奢な身体つきからは一見想像もつかないEカップの美胸を強調する場面がいつ登場するのかと、お預けを喰らっている理一以上に、視聴者も悶々としていたようですね。馬場とのW主演で、その甘いマスクと柔らかい語り口が特徴的な赤楚は、意外にも連ドラでの主演が今回初。まだまだ粗削りな場面が少なくないものの、相手役として精一杯好演していると思います」(前出・ライター)

 馬場には、2018年の「深夜のダメ恋図鑑」(テレビ朝日系)や昨年の5月よりネット配信された「百合だのかんだの」(FOD)などでの主演、昨年の秋クール「決してマネしないでください。」(NHK)でのヒロイン役などの実績を積んだ、深夜帯やローカル放送のドラマ女王として、同性が見ても決してイヤらしくない、そのダイナミックなボディを惜しみなくさらけ出してほしい。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
池田エライザが艶姿で「カチカチよ」/芸能美女「マッパにエプロン」秘録(下)
4
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
5
NHK・和久田麻由子 桑子真帆を屈服させた「黄金時代」の内幕(1)紅白司会の候補に挙がっていたのは4人だが…