芸能

大河代役で大注目!川口春奈「“色香”濃姫」素顔を晒す(1)大舞台での度胸は筋金入り

 令和2年の芸能界で最もブレイクしそうなのが、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に抜擢された川口春奈。とかく沢尻エリカの代役としての話題性ばかりがクローズアップされてきたが、そのスター性は業界関係者の間でも評価が高かった。しかも「脱ぎ惜しみなし」の“色香”濃姫だというのだからたまらない。新スター候補の桃色素顔に迫った!

 19日からスタートする大河ドラマ「麒麟がくる」は、NHKにとっても待望の意欲作だ。過去2作「西郷どん」「いだてん」はいずれも近現代を舞台にした作品だが、視聴率は低空飛行を続けた。

「とりわけ『いだてん』に至っては、豪華なキャストやスタッフをそろえたものの1桁台に落ち込んだ。もともと時代設定が明治以降の作品は視聴率が低迷するというジンクスがあったが、ここまでの落ち込みに首脳陣は危機感を強め、満を持して戦国・安土桃山時代が舞台の明智光秀を主人公に立て、平均20%獲得に意欲を見せていた」(NHK関係者)

 そのキーマンの一人が、戦国武将、斎藤道三の娘で織田信長の正室、濃姫を演じる沢尻エリカ(33)だった。ところが、昨年11月16日に大麻取締法違反の容疑で緊急逮捕。6月からスタートした撮影は、すでに10話分が収録済みだった。ヒロインである沢尻の濃姫出演シーンはかなりの部分を占めていたが、全て撮り直しの憂き目にあったのだ。

「約半年間撮りためたものがムダになる、さらに撮影や編集をやり直す手間がかかるなど、関係者は頭を抱えていました。しかも、放送開始まで時間がない中、代役を探さなければいけない。蒼井優(34)、広末涼子(39)、貫地谷しほり(34)、宮崎あおい(34)、北川景子(33)、満島ひかり(34)など、人気・知名度があり、大河出演経験がある女優の名前が浮上した。ZOZOの前澤友作前社長と別れたばかりの剛力彩芽(27)なら、スケジュールも空いており、やる気もありそうだという話も出ていましたね」(テレビ誌編集者)

 そんな中、白羽の矢が立ったのが、大河ドラマ初出演で時代劇も初チャレンジという川口春奈(24)だった。短期間でセリフと所作を覚えて、演じなければならないうえ、その注目度はハンパではない。一部ネット上でも、

「スケジュールがよっぽど空いていたのか」

 と揶揄されるほどだったが、川口の女優キャリアにとっては願ってもないチャンス。まさにイチかバチかの大勝負なのだ。

 だが、川口自身は子役から芸能界で活動しているだけに、大舞台での度胸は筋金入りともっぱらだ。

「川口は07年にローティーン向けファッション誌『ニコラ』(新潮社)のオーディションで、グランプリを獲得。その後、子供向けバラエティー番組などに出演後、09年には三井のリハウスの第13代リハウスガールに抜擢。同年フジテレビ月9ドラマ『東京DOGS』で、女優デビューも果たします。この頃から世間に新たな美少女スターとして認知され始めます」(芸能ウオッチャー)

 とりわけ、モデル出身のフォトジェニックとしての評判は、CM関係者を中心に高まっていく。16歳から20歳にかけて出版された「haruna」3部作は、健康的なビキニ姿を披露したかと思えば、20歳を記念した3作目では、挑発的なランジェリー姿も見せつけている。グラビア編集者が語る。

「中でも水色の下着の上下でシーツの上に寝そべる表情は、目を潤ませ、さながら情事後を彷彿させる一枚。寝そべった際に肋骨が浮き出ているものの胸の膨らみがこんもりと盛り上がり、大人の女のボディそのものでした。他にもビキニ姿が多く、お尻を突き出しカメラに向かって振り向くポーズは真骨頂。胸と股だけを泡で隠してバスタブにつかり、扇情的な視線を投げかける写真がかなりエロいと評判になりました。作品ごとに大人の女に変化していく様子を捉えていて、その柔らかそうなマシュマロボディぶりでグラビアのオファーも絶えなかった」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”
5
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”