芸能

椎名桔平が「大ヒットドラマ請負人」になった理由とは?

 1月スタートの民放ドラマで、最も好調な出足を見せたのが天海祐希主演の「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」(日本テレビ系)だ。初回13.0%と、日テレ土曜22時枠としては画期的な視聴率を記録した。

「今クールは医療ドラマが6本も乱立する異常事態。ただ、どの局も思ったほどの視聴率は残せず、天海祐希のドラマ女王としての強さが鮮明になりました」(スポーツ紙放送記者)

 天海祐希だけではない。脇を固めるのが三浦友和、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、さらに「全裸監督」の黒木香役で注目された森田望智など豪華な顔ぶれがそろった。中でもキーマンとなるのが、天海のライバル的な役どころで、世界的な脳外科医・黒岩健吾に扮する椎名桔平だという。

「椎名は昨年は菅田将暉主演の『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日テレ系)で菅田と対峙する郡司刑事役を、岡田准一主演の『白い巨塔』(テレビ朝日系)では外科学会のドン・船尾教授役を演じ、いずれも高視聴率。さらに最終回が13.7%を記録した高畑充希主演の『同期のサクラ』(日テレ系)では、高畑を振り回す人事部長役に扮し、その怪演ぶりが視聴者を惹きつけました」(前出・放送記者)

 かつて、故・いかりや長介が出ていたらドラマが引き締まり、高視聴率が約束された時期があった。岸部一徳にしても、ドラマの護符のような起用が多い。そして現在、ほとんどのクールでフル稼働しているのが椎名というわけである。

「ビートたけしが『アウトレイジ』(10年)で自身の右腕の若頭役で椎名を起用。全身から男の艶気がにじみ出て、なおかつ一癖も二癖もある演技ができると絶賛していました。惨殺される場面まで存在感をおおいに発揮しました」(映画評論家)

 今回の「トップナイフ」でも、第1話から腹に一物ありそうなクセのある演技が光る。ライバルとなる天海と、役の上だけでない演技バトルを展開しそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声