芸能

テレビ美女「ボディメンテナンス」2大ブームを騒然目撃(3)美バストブームをグイ推しした田中みな実

 一方、全身ツルスベブームを尻目に、一大勢力を伸ばすのが「育乳」ブームだ。

 ファッション誌記者が語る。

「一般的にOLなど若い女性はワコールやトリンプなど補正効果のある美バストに見えるブラで寄せて上げて谷間を作っている。その分、帰宅して睡眠する時ぐらいは、締めつけ感から解放されようとノーブラ派が主流だった。ところが最近はノーワイヤーで締めつけのない夜ブラが開発され、寝ている間もしっかりバストを補正しようという流れになっている」

 これをグイ推ししたのが「おっぱいまでが顔」の名言を持つ美のカリスマ・田中みな実(33)だという。

 織田氏が証言する。

「局アナ時代、隠れ巨乳を封印していたのも、中高時代とコンプレックスだったからです。肘ブラヌードを披露した雑誌『an・an』の美乳特集で美乳化に開眼し、市販のスポブラやブラトップをやめてセミオーダーのブラを着用するようになった。エステでマッサージを受けておっぱいケアを始めるなど、もはや育乳のスペシャリストです」

 写真集を50万部も大ヒットさせただけに、その影響力は計り知れない。

「この夜用ブラで育乳に成功したのが、フリーアナの高橋真麻(38)。局アナ時代はGカップだった胸が、フリー転向後はHカップへの大増量に成功している」

 現在妊娠中なのも夜ブラの副次的効果か!?

 実はこの「育乳」なるワードを一躍、一般にまで広めたのが、女優の足立梨花(27)。バラエティー番組で、

「私、『育乳』始めたんです。実際、それでブラジャーが3カップ上がってるんですよ」

 と、驚異の膨張ぶりを報告したのだ。

 スポーツ紙芸能デスクが語る。

「彼女が実践したのが、アイリーン式育乳マッサージ。背中やおなか、腕からぜい肉を胸に集めるというものです。施術は全て手揉みで行われるが、涙が出るほど痛いそうです。それでも、もともとBカップと微乳だった胸がEカップに成長したことで、女として自信が出るうえに、女優としての幅が広がることは確実です」

 同じくこの痛い施術にトライしたのが、スラリ9頭身ながらバストは推定Bカップだった菜々緒(31)だ。

「三日にあげず、ジムに通うトレーニング好きとして知られる彼女が実践しているのが、胸の軟らかさを保ちつつ背筋など周囲の筋肉を引き締めるトレーニング。加えて、このアイリーン式育乳マッサージで一気にEカップにまで豊乳化に成功しました。最近のインスタではこの谷間や横チチを自信たっぷりに披露しています」(芸能デスク)

 もはや、貧乳アイドルは絶滅危惧種か!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ